飲食店経営の失敗から成功を学ぶ「失敗を経験に活かし負けない経営をしよう」

今回は飲食店経営の失敗に関してお伝えしていきたいと思います。

飲食業の廃業率の高さは全業種の中でもかなり高くハードルが高いと言われていますがこの記事から失敗を学び、成功に活かすこともできると思いますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

反面教師という言葉もある通り今回の記事はこんな失敗もあるんだ、ではなくこのポイントを気をつけて学んでいこう!という視点で見てもらえればと思います。

無料で受けられる
飲食店の経営サポート

飲食店は日々の営業だけでも大変なのに独立開業するとなると、そこからさらに会計や資金繰りなどの経営業務まで追加業務になります。個人で経営される方は特にやる事も多くなりとても大変ですよね…。飲食店向けの経営業務をサポートしてくれる『クロスポイント』では、経営業務をサポートしてくれるので、本来の営業に集中することができます。さらに、初月は無料お試しで利用できますので、実際にどのようなサービスなのかを体感することができます。有料プランでも月額5,000円からと、従業員や専門家を雇うよりも圧倒的に安く済ませることができます。開業支援も行っていますので、1人でなかなか経営まで手が回っていないオーナー様はぜひ一度お試しください。
無料でクロスポイントを試してみる
※60秒でお申し込みできます

飲食店経営での失敗パターン3つと失敗例

まずは陥りやすい飲食店経営での失敗を3つのパターンに分け、細かくお伝えしていきたいと思います。

誰にでも失敗はあります。失敗を「経験」にし活かせるようにしましょう。

資金繰り(キャッシュフロー)での失敗

飲食店経営においてお店の家賃、食材、スタッフの人件費、飲食店経営には各種コストがかかりますね。

この資金繰り(キャッシュフロー)での失敗する方が多いと思いますがさらにどういった資金繰りでの失敗があるか説明していきましょう。

初期コストをかけすぎてしまい、返済に追われ経営資金が尽きてしまう

開店してから飲食店が軌道に乗るまでには時間がかかります。

お店のことを知ってもらい、来店につながり、常連さんができるまでの時間というところでしょうか。やはり半年から1年近くかかることもあると思います。

初期の費用(お店の内装費用や、店舗取得費用)をかけすぎてしまうと飲食店経営が軌道にのるまでの月々の返済に追われて資金がバースト、、なんていう失敗は気をつけましょう。

関連記事「飲食店の開業資金を抑える4つのポイントとコツを解説

数字管理の甘さ(販管費の管理)

飲食店経営者で数字管理、特に販管費の管理をどんぶり勘定で行なっている人は本当に気をつけましょう。

食材費と人件費は飲食店の経費の半分以上を占めます。ここをさらに注意し、把握し管理することが重要です。

売上ばかりに目が行きがちですが売上げと同じくらいこの数字管理を徹底しましょう。

売上ではなく「利益」を考えるように。

関連記事「飲食店は本当に儲かるのか?〜様々なリスクと押さえるべきポイント

人材不足、マネジメントスキルの大切さ

飲食店経営は一人ではできません。

社員スタッフやアルバイトスタッフがいて初めて成り立ちます。

人と人とに繋がりのビジネス。人と働く事の面白さの反面、そこが失敗につながることもあります。

スタッフ定着率の低さ

もともと飲食という職種自体人気のある職業ではないと思います。あくまで個人的観点ですが。

その中でもしあなたがマネジメントが苦手でスタッフの管理やリーダーシップを取れなければなかなか苦労するのではないでしょうか。

お客様ももちろんですが、スタッフのマネジメントにも必ず注意しましょう。

厳しい労働環境

普通のサラリーマンの方や、会社勤めの人と比べると働く時間も遅くなかなか飲食業界を通して労働環境がいいとは言えないのが事実です。

そういった理由でスタッフが退職してしまうことも多くあり、結果として人材不足になり、なんてこともよく聞きます。

利益にもよるとは思いますが社員やスタッフの労働環境に注意しましょう。

関連記事「飲食店開業時の3つの求人の方法と採用時のポイント

集客ノウハウ

飲食店経営で「美味しい料理を出しているだけでお客様が集客できる」という意見には個人的には賛成できません。

もちろん美味しい料理やドリンクはあった方がいいのですがここに固執してしまい、大失敗、、、っていう人は多いと思います。

エリアや客層に対して自店のコンセプトがあっていない

これはそのままですね。

オーナーさんのこだわりの料理やコンセプトでも全くニーズのないところに出店しても集客できません。

お客様のニーズに合わせてエリア選びや、料理内容やコンセプトを考えることがとても大切です。

お店側の押し売りではお客様には伝わらないと思います。

「美味しい=集客」では無い

上記でも書きましたが美味しいだけでは集客できないと思います。

うちは美味しい料理にプライド持っているから広告費や宣伝費はかけない、なんてお店ももちろん大成功しているお店もありますが本当に一握りだと思います。

もともと認知度の高い人であれば可能かとは思いますが、新しくできたお店の味はどうやって美味しいと認知されてお客様が来るのでしょうか?

インターネットの普及しているいまだからこそ柔軟に経営することをお勧めします。

関連記事「ココを押さえておけばOK!飲食店のコンセプトの考え方と作り方

スポンサードリンク

まとめ〜飲食店経営で失敗をしないためにできること〜

上記の内容だけを見るととても自分には無理だ、、なんて思ってしまうかと思うのですが、全然そんなことはありません!

上記の失敗例を踏まえ「開業前の徹底した準備段取り」をしっかりと行えばなんの問題もないです。

資金繰りに関してはしっかりとした事業計画書や返済計画、売上予測を行うことで緊急事態は防げます。ポイントは「常にワーストケースを考えること」です。

人材不足やマネジメントに関しても自身のマネジメントスキルを高めておくことも必須ですし、スタッフ間のイベント行事の計画などを行いお店のスタッフの定着率をあげることもできます。

集客ノウハウに関しても事前にエリアやターゲット層の「リサーチ」や広告、または新規顧客の獲得の知識や経験を積んでおくこともできます。

もう一回言いますが「開業前の徹底した準備段取り」が大事です。

飲食店経営は楽ではないですが、他の職種もそうです。楽してお金を稼ごうと思っている方がいるなら何をやっても稼げないと思います。

飲食店は人と人の繋がりのビジネス、とっても面白いのでぜひ今回の記事を参考にしてもらえればと思います。

無料で受けられる
飲食店の経営サポート

飲食店は日々の営業だけでも大変なのに独立開業するとなると、そこからさらに会計や資金繰りなどの経営業務まで追加業務になります。個人で経営される方は特にやる事も多くなりとても大変ですよね…。飲食店向けの経営業務をサポートしてくれる『クロスポイント』では、経営業務をサポートしてくれるので、本来の営業に集中することができます。さらに、初月は無料お試しで利用できますので、実際にどのようなサービスなのかを体感することができます。有料プランでも月額5,000円からと、従業員や専門家を雇うよりも圧倒的に安く済ませることができます。開業支援も行っていますので、1人でなかなか経営まで手が回っていないオーナー様はぜひ一度お試しください。
無料でクロスポイントを試してみる
※60秒でお申し込みできます