MFクラウドは、使いやすくて確定申告も簡単に終わらせることができる会計ソフトとして評判も良く高いシェア率を誇ります。

今回は、そんなMFクラウドの評判についてもっと詳しく、具体的にどのような部分が好評なのか?また、良い評判だけでなく悪い評判(使う時に気を付けること)もいくつか探してご紹介していきたいと思います。

これからクラウド会計ソフトの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

この記事で分かること
MFクラウドの実際の評判
❷ MFクラウドで使える機能
他の会計ソフトとの比較

無料でMFクラウドが試せる!

MFクラウドには無料で使えるフリープランがあり、有料プランとほとんど同じ機能を実際に使うことができます。また、今なら(2019年現在)、有料プランも1ヵ月間無料のキャンペーン実施中!これまで会計ソフトに興味はあったけどまだ導入できていなかった方でも気軽にお試しできますので、この機会に是非一度使い心地を試してみてください。
無料でMFクラウドを試してみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ

MFクラウドを実際に使ってみた人の評判

早速ですが、こちらで実際にMFクラウドを使っている・調べている方の評判をいくつかご紹介していきたいと思います。

結論から言うと、評判は良いのですが、具体的にどの部分が好評なのか?また、使ってみてどういったことが思ったように行かなかったのか?などをお伝えできればと思います。

MFクラウドの良い評判

使いやすい

圧倒的に多かった声が使いやすいという評判でした。

同じ会計ソフトのfreeeと比べて使いやすいという声も多かったのですが、多少なりとも簿記の知識がある方=MFクラウド、全くの初心者=freeeで使い分けすると良いなと思いました。

また、MFクラウドの運営会社は、家計簿アプリ『マネーフォワード』も提供しているのでその土壌があるのでしょうか、仕訳内容を基に作られた経営レポートなどが非常に見やすいです。

自動連携が便利!

クラウド会計ソフトの機能の中でも特に便利なものが口座などからの自動仕訳ですね。今まで自力で確定申告をしていた方にとっては感動するレベルだと思います。

それまで確定申告に抵抗があった方も、MFクラウドを使ってみることでかなり気楽になるかもしれませんね。

口座連携での自動読み取りはフリープランから使えますので、まずは一度体感してみてください。

MFクラウド請求書も使いやすい

後で説明するMFクラウド請求書など、マネーフォワードの他のサービスも使いやすいようですね。特に家計簿アプリの『マネーフォワード』はかなり使いやすくて評判も良いので、事業とは別の個人用で使ってみてもいいかもしれません。

MFクラウドを使ってみて良いと思ったら、他に使えそうなサービスも試してみると良いでしょう(5月のプラン改定でMFクラウド会計・確定申告のプランに一緒に含まれたサービスも多いです)。

MFクラウドの悪い評判や使う上での注意点

正直申し上げますと、MFクラウドの悪い評判はあまり無かったのです。

MFクラウドは2019年にプラン改定で料金も値上げになっており、料金値上げに対して悪い印象を持った方は多少なりいました。

それ以外はMFクラウドを利用するにあたっての注意点などについても触れていきたいと思います。

突然の値上げ

悪い評判として、2019年の5月にあったプラン変更に伴う料金値上げがいくつか見られました。

他のサービスも一緒に使えるようになっての値上げでしたので、ただ単に値段が上がっただけでは無いのですが、人によっては必要ない機能が追加されての値上げで、これを機に他の会計ソフトに切り替えるという人もいました。

【関連記事】
MFクラウドの料金プランで以前と大きく変わったポイント

簿記の知識がちょっとは必要

いくらMFクラウドが使いやすいとは言え、全く簿記の知識がない状態で使おうとしても専門用語などがいくつか出てきて少し戸惑うことは多いと思います。

税理士や経理担当者に実務を丸々任せでもしない限り、ご自身でも簿記の基本的な知識は身に付けておきたいところですね。

上のツイートの方がおっしゃるように、実際にMFクラウドを使いながら覚えていくか、さらに初心者向けのfreeeを検討してみるのも良いでしょう。

帳簿に関してはいくつか記事を書いていますので、分からないものは参考にしていただければと思います。

【関連記事】
帳簿作成に関する記事一覧

freeeとの2大勢力


全く悪い評判ではないのですが、Twitterを見ているとMFクラウドとfreeeのどちらが良いのかな?と悩んでいる方も多かったです。

正直使い勝手に関しては、どちらが良いと感じるかは人によるところが大きいみたいです。

一番は実際に両方無料で使ってみて、使いやすかった方の有料プランも検討してみる方法が一番良いと思います。

上記でも触れましたが、MFクラウド=多少の簿記の知識がある方、freee=全くの初心者、このような分け方でおすすめされている方も多いですし、著者も実際に使ってみてそのように思っています。

freeeの口コミ・評判に関しては、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】
freeeの評判は?リアルの口コミと使ってみるメリット

無料でMFクラウドが試せる!

MFクラウドには無料で使えるフリープランがあり、有料プランとほとんど同じ機能を実際に使うことができます。また、今なら(2019年現在)、有料プランも1ヶ月間無料のキャンペーン実施中!これまで会計ソフトに興味はあったけどまだ導入できていなかった方でも気軽にお試しできますので、この機会に是非一度使い心地を試してみてください。
無料でMFクラウドを試してみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ

MFクラウドを利用するメリット・デメリット

上記でご紹介した評判を基に、MFクラウドを利用するメリット・デメリットをまとめてみました。

上と少し重複する部分もありますが、MFクラウド利用の参考にしてみてください。

MFクラウドを使うメリット

無料で使える範囲が広い

評判としては無かったのですが、MFクラウドは他の会計ソフトに比べると無料で使える範囲が広いです。

制限内であれば有料プランとほとんど同じ機能を使うことができますので、登録しない理由がありません(登録ももちろん無料です)。

無料プランで実際に使ってみてMFクラウドの使い心地を体験してみましょう。

【関連記事】
MFクラウドの無料プランでできることと制限、無料での使い方

とにかく使いやすい

そして、数々の評判であったようにとても使いやすいです。

freeeに比べると少し専門用語が多めですが、操作性は一番と言っても良いでしょう。

繰り返しになりますが、実際に使ってみてその使いやすさを体感してみてください。

データが見やすい

MFクラウドが他の会計ソフトと比べて一線を画しているなと思う部分が、自動で作られる経営データの見やすさ・分かりやすさです。

帳簿作成や確定申告のための操作に慣れてきたら、経営分析をしながら売上向上・無駄の削減などに利用することもできますね。

他のサービスもおすすめ

株式会社マネーフォワードでは、MFクラウドシリーズやマネーフォワードなどの他のサービスも多数提供しています。

それらサービスも使いやすいと好評ですし、MFクラウドを使うのであれば、操作方法も近いので分かりやすいと思います。

MFクラウドを使ってみて気に入ったのであれば、他のサービスもぜひ検討してみてください。

MFクラウドのデメリット・注意点

簿記の基礎知識は必要

いくら使いやすいとは言っても、自分だけでMFクラウドを使って帳簿作成と確定申告を完了させたいのであれば、ご自身でも基本的な簿記・確定申告の知識を持っておかなくては使いこなすことは難しいです。

これは実際にMFクラウドを使いながらでも良いですし、自分で調べたり講習会に参加したり知識を身に付けても良いです。

簿記や確定申告の知識が身に付くことは、お金の管理能力や節税の知識なども身に付いているということになりますので、前向きに学んでいただければと思います。

確定申告も簿記も全く知識がないという方は、専門用語が少なめになっているfreeeも検討してみても良いでしょう。

サポート内容の制限

根拠が無かったので評判のところではご紹介しませんでしたが、MFクラウドではサポート内容に制限があって少し不満に思っている方もわずかながらいるようです。

公式サイトによると、具体的過ぎる経理や税務相談の場合、明確な回答を貰えない可能性があるとのことです。

電話サポートを付ける前に、まずはチャットやメールでのサポートを受けてみると良いでしょう。

プラン変更(値上げ)があることや会計ソフト3社の中で一番高い

最近の値上げで、MFクラウドがクラウド会計ソフト代表3社の中で一番料金が高い会計ソフトとなりました。

今回の値上げもそうですし、過去にも法人プランの値上げも行われています。個人的には値上げやプラン変更が度々行われるという印象です。

有料プランを使うとしても、開業したてで使える金額にシビアな方は価格が安い他の会計ソフトとも比較してみても良いかもしれません。

比較については後半でお伝えします。

MFクラウドの料金プランと使える機能

ある程度MFクラウドの評判やメリット・デメリットがお分かりいただけたところで、こちらではMFクラウドの料金プランと何ができるのか?ということからご説明していきたいと思います。

こちらでは簡単な説明でとどめておきますので、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【関連記事】
【最新】MFクラウドの料金プラン|旧プランとの違いや他社との料金比較

MFクラウドのプラン

MFクラウド確定申告のプランは、無料プランの『フリープラン』有料プランの『パーソナルライト』『パーソナル』『パーソナル+』の4種類です。

それぞれの料金や基本情報については以下の図をご覧ください。

MFクラウド確定申告 料金

MFクラウドの料金

MFクラウドの有料プランは月額1,280円(パーソナルライト)から利用することができます。万が一使わないようなことになれば、すぐに解約することもできますので、気軽に始めてみやすい料金設定だと思います。

後での口コミ・評判でもお伝えしますが、これだけの料金で確定申告や記帳などの作業時間が大幅に削減できるようになるので、かなり満足度もコスパも良いといえるでしょう。

パーソナルやパーソナルプラスにグレードアップすることで、請求書機能がより使えるようになったり電話サポートを付けることもできるようになりますが、正直メールやチャットサポートだけでも十分に事足りると思いますので、基本的には月額1,280円のパーソナルライトのみで十分でしょう。

月々の請求書作成・送付が多い方はパーソナルプランも検討してみてください。

MFクラウドでできること

MFクラウドでできることの代表的なものは、仕訳(記帳)と確定申告書の作成です。

この2つさえできれば良いと、会計ソフトに求められている方も多いことでしょう。

MFクラウドの仕訳では、連携した口座などから自動でお金の出入りを記録してくれて、自動で帳簿に転記してくれます。自分で帳簿を作成するよりも格段に記帳が楽になります。

確定申告書の作成は、確定申告書で記入すべき項目を案内してくれるので、初めての方でも悩むことが少なく確定申告書を作成できるでしょう。さらに、出来上がった書類は印刷もできて(有料プランのみ)、印鑑などを押してそのまま提出もできます。

無料プランでも基本的にほとんどできる

印刷以外のこれら機能は無料プランでも基本的に使うことができます。ですので、人によっては無料のままで記帳や確定申告を済ませることもできるのです。

ただ、無料プランの一番の制限に年間50件までの仕訳件数という制限があります。

個人事業主として普通の営業を営んでいる方であれば、ほとんどが年間50件の仕訳件数は超えてしまうことでしょう。

月額料金も負担が少ない金額なので、まずは無料プランで試してみて有料化を検討してみると良いでしょう。

【関連記事】
MFクラウドの登録方法とメリット
MFクラウドの無料プランでできることと制限、無料での使い方
MFクラウド確定申告の使い方|記帳と確定申告を終わらせるための手順

プラン改定で使えるサービスが増えた

また、ここまで度々お伝えしているMFクラウドのプラン改定で、他のサービスも一緒に使えるようになりました。

請求書作成、経費精算、給与計算、マイナンバー管理なども上記の料金で一緒に使うことができます。

これら機能も使う必要がある方は、結果的にMFクラウドが一番お得になるケースもありますので、気になる機能がある方は以下の内容も参考にしてみてください。

【関連記事】
新料金プランで一緒になったサービスの機能

無料でMFクラウドが試せる!

MFクラウドには無料で使えるフリープランがあり、有料プランとほとんど同じ機能を実際に使うことができます。また、今なら(2019年現在)、有料プランも1ヶ月間無料のキャンペーン実施中!これまで会計ソフトに興味はあったけどまだ導入できていなかった方でも気軽にお試しできますので、この機会に是非一度使い心地を試してみてください。
無料でMFクラウドを試してみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ

MFクラウドと他の会計ソフトを比較

ここまでMFクラウドの評判を中心に特徴やメリットなどをお伝えしてきました。評判について調べている方は、他の会計ソフトにも気になるものがあって比較検討中という方も多いことでしょう。

こちらの項目では、他のクラウド会計ソフトで代表的な「freee」「やよい」と比較をしてみたいと思います。

【関連記事】
おすすめ会計ソフト3つの比較

実際の評判を比較

MFクラウドの評判は、悪いものはほとんどなく上々だと言えましたが、他の会計ソフトに関しても同様です。どれを使っても皆様おおむね満足しているということが率直な感想です。

総合口コミサイト「みん評」を見てみると、

1位|弥生会計オンライン:3.65点
2位|freee:3.58点
3位|弥生会計シリーズ(インストール版):3.54点
4位|MFクラウド:3.41点

という点数になっていました。

MFクラウドが3社の中で一番低い点数ではありましたが、点数も均衡しており会計ソフト全体の中では上位となっていますので、いずれかを使ってみれば間違いはないことでしょう。

【関連記事】
freeeの評判は?リアルの口コミと使ってみるメリット
やよいのクラウド確定申告の評判まとめ

使える機能の比較

どの会計ソフトでも

  • 取引機能入力
  • 自動仕訳
  • 連携データによる自動入力
  • 領収書撮影での自動入力
  • 確定申告書作成
  • 帳簿への自動転記
  • 書類・帳簿の出力
  • 経営レポートの表示
  • サポート

の会計ソフトに必要な機能は十分に使えます。

違いを挙げるとすれば、やよいの最安プランにはサポートが付いていないことと、MFクラウドは給与計算も一緒に使えるようになったということでしょうか。

後は、実際に使ってみた使い勝手の良さで判断することが一番でしょう。度々お伝えしていますが、freeeは極力専門用語が出てこずに初心者に優しく、MFクラウドとやよいはところどころ専門用語が出てくるので、ある程度の簿記の知識が必要になります。

料金プランの比較

それぞれの料金プランをお伝えすると、

freee MFクラウド やよい
月額 980円~ 1,280円~ なし
年額 9,800円~ 11,760円~ 8,000円~
無料期間 最長30日無料 1ヶ月無料 1年無料

となっています。

一番安い会計ソフトがやよいですが、年払いにすることしかできません。MFクラウドは3社の中で一番高い料金となっています。

無料プランで使える機能の比較

3社とも無料プランや無料期間が用意されており、お試しに使うこともできますし、やり方によっては確定申告まで無料で終わらせることもできます。

各会計ソフトの無料でできること 各会計ソフトの無料期間

制限や無料期間はありますが使い勝手を試すには十分ですので、ぜひ比較検討のために無料プランを使ってみてください。

MFクラウドの会社概要や評判

ここまで会計ソフトMFクラウドの評判をメインにお伝えしてきましたが、最後に補足として、どのような企業が運営しているのかを簡単にご説明したいと思います。

クラウド会計ソフトはここ近年で登場してきたサービスで、会社としても若い企業が運営していることが多いのですが、その反面勢いもあって、今後生活に密接に関係してくればより便利に使いやすくなってくると思います。

MFクラウドの運営会社情報と提供サービス

正直、会社情報などそこまで気になることでもないかと思いますが、いちおうお金周りの管理を扱うサービスですのでどのような会社が運営しているかくらいは知っておいても良いでしょう。

MFクラウドの運営会社概要

会社名 株式会社マネーフォワード
代表取締役 辻 庸介
設立 2012年5月
本社住所 東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi田町ステーションタワーS 21F

MFクラウドは、株式会社マネーフォワードが運営しています。

『マネーフォワード』という名前はどこかで聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

下で詳しく説明しますが、『マネーフォワード』という名の家計簿サービス(アプリ)を提供しています。

会社設立は2012年5月と非常に若いですが、フィンテック企業としてここ近年急成長をしています。

ちなみに、家計簿アプリ『マネーフォワード』は、App Storeで5.95万件の口コミがされていて、星4.4点です。かなり評判が良いサービスだと言えます。

マネーフォワード社の提供サービス

マネーフォワード社が提供するサービスには、個人向けの『マネーフォワード』と、企業・事業主向けの『MFクラウドシリーズ』があります。

マネーフォワードは、MFクラウドとの連携もしやすいですし、MFクラウドで事業用のお金は管理して、マネーフォワードで自身のご家庭のお金の管理をしてみても良いですね。

マネーフォワード(個人向けサービス)

上でお伝えしましたが、マネーフォワードは個人向けの自動家計簿サービスです。

仕組みそのものはMFクラウドと同じようになっており、口座連携することで毎日の収支管理や預貯金の管理が簡単にできます。

事業のお金管理と同じように個人のお金管理も大事ですので、家計簿などをきちんと付けようとお考えのようでしたら一緒に登録してみても良いですね。

その他にも「MONEY PLUS」というお金に関するメディアや「Sira Tama(しらたま)」という自動貯金アプリがあります。

MFクラウドシリーズ(企業・事業主向けサービス)
  • MFクラウド会計
  • MFクラウド確定申告
  • MFクラウド請求書
  • MFクラウド給与
  • MFクラウドマイナンバー
  • MFクラウド経費
  • MFクラウドファイナンス

MFクラウドと言ってもこのようにたくさんのサービスの種類があります。

代表的なものが法人向けの『MFクラウド会計』、個人事業主向けの『MFクラウド確定申告』の2つでしょう。

後は従業員の給与勤怠管理の『MFクラウド給与』、経費精算を簡易化するための『MFクラウド経費』など、規模が大きくなってき始めた法人の方は状況に応じて導入も検討してみましょう。

赤字のサービスは、最近のプラン改定で会計ソフトと一緒に使えるようになったサービスです。

まとめ

今回は、MFクラウドの評判についてご紹介させてもらいました。

特に使いやすさや作成されるデータの見やすさは評判も良く、無料プランでもお試しできますからまずは一度使ってみましょう。

さらには、MFクラウド確定申告以外にも使いやすいサービスは盛りだくさん!必要に応じて他のサービスの利用も検討してみましょう。

一方で、少し専門用語が出てきますので、ある程度ご自身で知識を身に着けてみるか、より簡単に説明がされているfreeeも検討してみてください。

無料でMFクラウドが試せる!

MFクラウドには無料で使えるフリープランがあり、有料プランとほとんど同じ機能を実際に使うことができます。また、今なら(2019年現在)、有料プランも1ヶ月間無料のキャンペーン実施中!これまで会計ソフトに興味はあったけどまだ導入できていなかった方でも気軽にお試しできますので、この機会に是非一度使い心地を試してみてください。
無料でMFクラウドを試してみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ