確定申告を格段に簡単にしてくれるツール『確定申告ソフト』。

これから確定申告ソフトを使っていこうかと考えている方は、いくつかの確定申告ソフトを探したり比較している段階だと思います。

今回は、合計すると確定申告ソフトのシェア率90%以上を誇る

会計ソフト シェア数

引用:「クラウド会計ソフトの利用状況調査(2018年3月末)|MMRI

  • freee
  • MFクラウド確定申告
  • やよい

の確定申告オンライン

の3つを

を比較していきたいと思います。

確定申告ソフトの導入を検討されている個人事業主の方のお役に立てる内容になればと思います。

まずは無料で試してみよう!

クラウド会計ソフトには無料体験プランが用意されているものが多く、登録するだけで有料プランと同じ管理画面を使うことができます。会計ソフトの導入を比較検討している方は、実際に使ってみて使い心地を試してみることが一番手っ取り早いです。無料だけでも仕訳や帳簿作成などの大抵のことはできますし、気に入れば入力したデータはそのままで有料版にアップグレードもできます。ぜひ一度気になった会計ソフトから無料登録してお試しで使ってみましょう!
無料でfreeeを試してみる
※【初心者向け】とにかく簡単!使いやすい
無料でMFクラウドを試してみる
※【簿記知識がある人向け】無料プランが充実

おすすめ確定申告ソフトの料金プランを比較

料金比較

それでは早速、気になる確定申告ソフトの料金プランから比較していきましょう。

freeeの料金プラン

freee プランの種類

freeeの料金は、上のようになっています。

一番安いプランで月額980円から利用できます。1,000円未満なら気軽に始めやすいと思いますが、実はこれは今回比較する3つの確定申告ソフトの中で一番料金が高いです。

とは言え、月額200円程度、年間で1,000円程度なので、あからさまに高いというわけではありません。

それとfreeeには、プレミアムプランという年間39,800円の高額なプランもあります。

こちらは、法人目前の事業主が導入する規模の機能がついていますので、一般的な個人事業主の方はスタータープランかスタンダードプランで十分確定申告までできます。

スタータープランとスタンダードプランは、無料お試しで使うことも可能です。

freeeのプランによる違いについては以下の記事を参考にしてみてください。

【関連記事】
freeeの料金は?プランごとの違いと料金を安くする方法

MFクラウドの料金プラン

MFクラウド プラン

MFクラウドの料金プランはこちらの通り。

無料で使えるフリープラン。有料の基本的なプランのベーシックプラン(月額800円)。サポートを充実させたサポート付きベーシックプラン(年間17,200円)と、あります。

月額800円から利用できるので、freeeよりも安いですね。

【関連記事】
MFクラウドの料金|料金による機能の違いと無料でMFクラウドを使う方法

やよいの料金プラン

申告方法 プラン 料金 使える機能
青色申告 セルフプラン 年間8,000円
(初年度無料)
基本機能
確定申告
ベーシックプラン 年間12,000円
(初年度6,000円)
基本機能
確定申告
サポート
無料体験版 無料 基本機能
期間限定
白色申告 フリープラン 無料 基本機能
確定申告
ベーシックプラン 年間8,000円
(初年度4,000円)
基本機能
確定申告
サポート

3つの確定申告ソフトの中で一番安いのがやよいの確定申告オンラインです。

青色申告なら年間8,000円で利用できますし、しかも1年間無料。白色申告の場合はなんと無料で確定申告までできちゃいます。

ただ、その分メールやチャットでのサポートが付いていないことと、1年分まとめて料金を払っておく必要があるところは懸念事項ですね。

確定申告ソフトの中でも一番有名な企業のクラウド確定申告ソフトなので使っている方も多いですね。

【関連記事】
やよいの青色申告オンラインの料金・機能まとめ
やよいの白色申告オンラインの料金・機能まとめ

料金プランの比較まとめ

freee MFクラウド やよい
月額 980円~ 800円~ なし
年額 9,800円~ 8,800円~ 8,000円~
無料期間 最長30日無料 30日無料 1年無料

確定申告ソフトの料金プランをそれぞれ比較すると、上のようにまとめられます。トータルの料金も、無料期間の長さも、やよいがリードしていますね。

ただ、月払いができないので、お試しで気軽に使ってみたいという方には少し思い切りが必要になるかもしれませんね。

確定申告ソフトの無料プランを比較

ここまでは、主に有料にした場合のプランについて比較していきました。

ただ、クラウド確定申告ソフトには、無料で使える無料プランやお試し版、無料期間などがあります。

まだ、どこの確定申告ソフトにするか決めてきれていない方も、もっとしっかり比較検討してみたい方も、無料で実際に使ってみて判断してみることが一番だと思います。

こちらでは、それぞれの確定申告ソフトの無料でできる内容を比較していていきたいと思います。

freeeの無料プランでできること

お伝えの通り、freeeではスタータープランとスタンダードプランが無料お試しで利用することができます。

使える機能は、

  • 取引の入力
  • 自動仕訳
  • 帳簿作成
  • 確定申告書の作成
  • 経営レポートの作成
  • メール・チャットサポート(チャットは登録後10間だけ)

など、メインとなる機能はほとんど無料で使えると思ってください。

ただ、できない内容や制限に

  • 書類・帳簿の出力
  • 30日より前の取引記録が見られなくなる

というものがあります。これによって、確定申告書が出来上がっても提出までできませんし、年間の取引記録を残す事ができないので、確定申告や帳簿作成を終わらせたいのであれば、有料化しないといけないことになります。

それでもお試しで使ってみる分には十分すぎる使える機能だと思います。

【関連記事】
freeeの無料プランでできること・できないこと

MFクラウドの無料プランでできること

MFクラウドには、フリープランという無料プランが用意されていますが、freeeと同じく基本的な機能はフリープランでも使えます。

大きな違いは、制限の違いです。

freeeでは、30日前の取引記録が見られなくなってしまいますが、MFクラウドの場合、過去のデータもいつまでも見ることが可能です。

ただ、入力できる仕訳数に上限があり、年間50件の仕訳を超えてしまうと、それ以上は有料化しなければ入力できなくなります。

仕訳数50というのは、個人事業主の方であってもかなり少ない件数です。普通に事業をされていれば簡単に超えてしまう数でしょう。

ただ、こちらもお試しで使う分にはかなり充実した内容となっています。

【関連記事】
MFクラウドの無料プランでできることと制限

やよいの無料プランでできること

やよいの場合、他の2社とはプラン自体が少し違い、まず、白色申告ではお伝えの通り、無料で確定申告までできてしまいますね。出力までできますので、出来上がった帳簿や書類を手元に残すこともできます。

青色申告では、有料プランのセルフプランを1年間無料で利用することができます。

有料プランの無料キャンペーンですから、使える機能は、有料のセルフプランと変わりません。ただ、あくまでも後々有料プランにすることが前提なので、最初に料金の支払方法を設定しておく必要があります。

また、無料体験版というものも提供されており、書類の出力こそはできないものの無料で支払方法を設定することなく利用することができます。

ただ、やよいの無料体験版では、登録してから最長2ヶ月しかログインすることができず、その後は有料プランへと進む必要があります。

【関連記事】
やよいオンラインシリーズの無料プランでできること

3社無料プランの違いの比較まとめ

ここまでお伝えした内容をもとに、確定申告ソフト3社の無料でできることを比較していきたいと思います。

各会計ソフトの無料でできること

まず、無料でできる内容ですが、どこもメインとなる機能はお試しで使ってみることが可能で、やよいの青色申告以外は制限の範囲内でいつまでも無料で使うことができます。

ただ、出来上がった書類・帳簿のエクスポートができないので、無料だけで確定申告を完了させることは難しいです。

やよいには青色申告の1年間無料や白色申告のずっと無料があり、この場合無料でも確定申告を終わらせることが可能です。

各会計ソフトの無料期間

それぞれの制限ですが、freeeは過去の取引が見られなくなってしまいます。

一方MFクラウドは、年間50件を超える仕訳をすることができません。前の記録もいつまでも見られるという点では、MFクラウドの無料の方が便利だと言えます。

やよいの場合、青色申告は1年無料。白色申告は無制限で無料で使えます。また、青色申告の無料体験版も用意されており、こちらは2ヶ月ほどお試しで使えます。

無料で使える機能に関しては、どこも大きな違いはありませんが、制限や無料期間の違いがありますので、無料でどこまでできるのかはあらかじめ知っておくと良いでしょう。

まずは無料で試してみよう!

クラウド会計ソフトには無料体験プランが用意されているものが多く、登録するだけで有料プランと同じ管理画面を使うことができます。会計ソフトの導入を比較検討している方は、実際に使ってみて使い心地を試してみることが一番手っ取り早いです。無料だけでも仕訳や帳簿作成などの大抵のことはできますし、気に入れば入力したデータはそのままで有料版にアップグレードもできます。ぜひ一度気になった会計ソフトから無料登録してお試しで使ってみましょう!
無料でfreeeを試してみる
※【初心者向け】とにかく簡単!使いやすい
無料でMFクラウドを試してみる
※【簿記知識がある人向け】無料プランが充実

確定申告ソフトで使える機能と使いやすさの比較

上記で「メインとなる機能は…」と言いましたが、そもそも確定申告ソフトでできるメインとなる機能とは、

  • 取引機能入力
  • 自動仕訳
  • 連携データによる自動入力
  • 領収書撮影での自動入力
  • 確定申告書作成
  • 帳簿への自動転記
  • 書類・帳簿の出力
  • 経営レポートの表示
  • サポート

これらの機能が挙げられます。

今回比較している3社は、多少の違いはあれども、これら機能は全て使えると思っていただいて結構です。

その上で、それぞれの確定申告ソフトで使える機能や使いやすさを比較してみたいと思います。

freeeで使える機能・使いやすさ

freeeでは、上の機能は全て使えます。使い方になれてしまえば、あとは自分だけでも確定申告まで終わらせることができるでしょう。

使いやすさに関しては、他の確定申告ソフトよりもより分かりやすくかみ砕いた説明が多いなという印象です。

特に初めて確定申告をされる方や簿記の知識がほとんど無い方は、freeeが分かりやすく使えるかと思います。

MFクラウドで使える機能・使いやすさ

MFクラウドも上記機能は問題なく使えます。

使いやすさに関しても申し分なしです。運営会社のマネーフォワードは、家計簿アプリの『マネーフォワード』を運営している会社としても有名で、マネーフォワードを使っている方、家計簿アプリも検討している方は、同じくマネーフォワードで揃えた方が連携のしやすさやUIなどから使いやすくなると思います。

やよいで使える機能・使いやすさ

やよいの安い方のプランでは、freeeやMFクラウドに付いているメール・チャットサポートを使うことができません。

初めて確定申告をされる方は、チャットなどで気軽に相談できる環境があるだけでも安心できるでしょうから、プランのアップグレードや他の確定申告ソフトを検討してみても良いですね。

個人的な感想ですが、使いやすさに関しても他の2社に比べると若干難しいかなと感じました。

ただ、やよいはインストール型の確定申告・会計ソフトも有名で利用者も多いので、お仕事などで以前使ったことがある方は、クラウドのやよい確定申告ソフトも使いやすいと思います。

使える機能・使いやすさの比較まとめ

freee MFクラウド やよい
機能 メインは全て使える メインは全て使える サポートなし
使いやすさ
(著者の主観)

初心者向け
主な
関連サービス
freee人事労務
freeeカード
マネーフォワード
MFクラウド給与
MFクラウド経費
やよい会計シリーズ
Misoca

各社最安プランでの使える機能・使いやすさを比較すると上のようになりました。

各社大きな違いはないので、無料プランなどで実際に使ってみてご自身で使いやすさなどを判断していただければ、ということが結論として言いたいことです。

また、各社確定申告ソフト以外にも他のサービスを提供していますので、関連サービスを使っている方、気になっていた方は、確定申告ソフトも同じ会社のものに合わせると使い勝手も良くなるでしょう。

確定申告ソフトの口コミ・評判を比較

最後に、確定申告ソフト3社の実際の口コミ・評判を比較していきたいと思います。

結論から申し上げますと、評判もどの確定申告ソフトも上々で、悪い評判がほとんど無かったのでそこまで比較することはありません…。

ただ、「みん評」という総合口コミ・評判サイトで、それぞれの確定申告ソフトの点数付けがされていなので、みん評の点数とTwitterでの評判を併せながら比較してみたいと思います。

freeeの評判|みん評で3.58点

みん評で3.58点だったfreeeの評判は、

  • 使いやすい
  • 無料で使える
  • スマホで簡単
  • 初心者でも分かりやすい

と言った声がありました。サポートに少し物足りなさを感じた方はいましたが、それ以外の悪い評判は目にすることはありませんでした。

【関連記事】
freeeの評判は?リアルの口コミと使ってみるメリット

MFクラウドの評判|みん評で3.41点

MFクラウドのみん評での点数は3.41点。3社の中では一番低かったのですが、それでも平均より良い点数ですし、点差に大きな開きはありません。

多かった口コミの内容は、

  • 使いやすい
  • 簡単
  • 無料でいろいろできる
  • コスパが良い
  • 初心者でも使える

というものでした。悪い口コミには、「動作が重い」というものがありましたが、こちらはネット上でサービスを提供しているクラウド確定申告ソフトならではの懸念点で、他のクラウド確定申告ソフトにも同じく当てはまることでしょう。

アクセス数が集中する確定申告直前に慌てて作業しないように、MFクラウドでの作業を溜め込まないようにしておきたいですね。

【関連記事】
MFクラウドの評判は?Twitterでの評判とメリット・デメリット

やよいの評判|みん評で3.65点

3社の中で一番点数が良かった会計ソフトがやよいのオンラインシリーズでした。

知名度も利用者も評判の良さも堂々の1位ですね。さすが大手です。

いくつかの口コミ内容を挙げると、

  • 無料体験が良かった
  • 初めての確定申告で助かった
  • 使いやすい
  • 大手で良かった

というものがありました。

やよいも良い評判ばかりで、悪い評判は見られませんでした。

【関連記事】
やよいのクラウド確定申告の評判まとめ

口コミ・評判の比較まとめ

みん評」での点数を比較してみると、

1位|やよい:3.65点
2位|freee:3.58点
3位|MFクラウド:3.41点

となりました。どこも僅差で良い評判ばかりでしたので、使ってみても失敗したと思うことは限りなく少ないと思います。

無料お試しもできる3社ですので、ぜひ一度気軽に使ってみてください。

まとめ

今回は、

  • freee
  • MFクラウド
  • やよい

の3つの確定申告ソフトの

  • 料金
  • 無料プラン
  • 使える機能
  • 使いやすさ
  • 口コミ・評判

を比較してみました。

結論を申し上げますと、どこも料金や使える機能自体に大きな差がないので、あとは実際に無料プランで試しに使ってみて、一番気に入ったらところを今後も使ってもらえれば満足いける確定申告ソフト選びができると思います。

確定申告ソフトを上手に使っていいただいて、煩わしい作業はなるべく時間をかけずに終わらせてしまいましょう!

まずは無料で試してみよう!

クラウド会計ソフトには無料体験プランが用意されているものが多く、登録するだけで有料プランと同じ管理画面を使うことができます。会計ソフトの導入を比較検討している方は、実際に使ってみて使い心地を試してみることが一番手っ取り早いです。無料だけでも仕訳や帳簿作成などの大抵のことはできますし、気に入れば入力したデータはそのままで有料版にアップグレードもできます。ぜひ一度気になった会計ソフトから無料登録してお試しで使ってみましょう!
無料でfreeeを試してみる
※【初心者向け】とにかく簡単!使いやすい
無料でMFクラウドを試してみる
※【簿記知識がある人向け】無料プランが充実