会計ソフトfreeeの導入を考えている方は、料金が気になるところですね。

個人事業主向けfreeeの料金体系は月額980円から年間39,800円までいくつかの種類があります。

今回は、freeeの料金設定のご説明とそれぞれのプランの違い、料金を抑えるポイントなどをまとめていきたいと思います。

なお、当サイトは個人事業主向けの内容となりますので、個人事業主向けfreeeの説明のみとさせていただきます。法人向けfreeeの料金を知りたかった方は申し訳ありませんが他のサイトをご覧ください。

無料でfreeeが試せる!

freeeには無料お試しのプランもあり、実際に有料プランと同じ管理画面で操作することができます。freee導入を検討している方は、実際の使い心地を試してみて他の会計ソフトとの比較をしてみましょう。freeeの使い方は簡単で本当に使いやすいです。自力で確定申告・帳簿作成をした場合と比べて大幅に時間削減ができますので、ぜひ一度お試しで使ってみてください!
無料でfreeeを試してみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ

freeeの料金とプランの種類

まず、個人事業主向けのfreeeには以下の3種類のプランがあります。

freee プランの種類
  • スタータープラン
  • スタンダードプラン
  • プレミアムプラン

それぞれで料金も違いますので、まずは各プランの料金体系と簡単な特徴からご説明したいと思います。

スタータープラン|月額980円

freeeの有料プランで一番安いものが月額980円から始められる『スタータープラン』です。

その名の通り、個人事業主になりたての方や初めて会計ソフトを利用する方におすすめのこちらのプラン。

一番安い料金にはっていますが、確定申告書の作成・出力や取引記録からの帳簿作成・出力もできますので、確定申告や記帳業務の補助的役割は十分に果たしてくれます。

ただ、後述する料金が高いプランに比べると、出力できるファイルに制限があったり、レポートが一部しか観覧できなかったりと機能も劣るので、freeeをフル活用したいという方には少し物足りなく感じるかもしれません。

スタンダードプラン|月額1,980円

3つのプランの中で中間にあたる月額1,980円のプランが『スタンダードプラン』。

freee公式でもおすすめされているように、すでに個人事業主でしっかり利益が出せている方や会計ソフトだけで個人事業主としての確定申告・記帳を終わらせてしまいたいという場合にはこちらのスタンダードプランがおすすめです。

従業員を雇っていない、もしくは数名程度の従業員規模であればスタンダードプランで十分満足できる内容になっています。

プレミアムプラン|年間39,800円

個人事業主向けのfreeeの中で一番料金が高いものが『プレミアムプラン』になります。プレミアムプランには月払いがなく、年間39,800円での利用になります。

経費精算ができるようになるので、個人事業主の中でもすでに従業員を複数雇っていて、経費管理の担当者がいたり、法人化を検討している段階の方が導入を検討します。

料金も高くなりますし、年間契約のような形になりますので、利用の際はきちんと比較検討をしましょう。

freeeの料金による機能の違い

上記でそれぞれのプランと料金についてご説明しましたが、こちらではもう少し詳しく、freeeの有料プランで使える機能についてご説明していきます。

重複する部分もありますが、「freeeのプランの機能紹介」でそれぞれの機能についてご説明していますので、料金よりも機能が気になるようであればそちらも参考にしてみてください。

freeeの有料プラン全部に共通する機能

まずは、月額980円からのfreee有料プラン全てに共通する機能からまとめていきます。

確定申告書などの作成・出力

freeeの利用を考えている方の多くに「確定申告を簡単に終わらせたい」というニーズがあると思いますが、freeeの有料プランでは確定申告書の作成・出力を簡単に済ませることができます。

いくつかの質問などに答えていけば、申告書の必要個所を埋めてくれますし、できた書類は印刷して提出することも可能です。

取引データの観覧

日々の取引内容をfreeeに記録しておくことができます。この内容をもとに、帳簿作成と連携させたり、経営レポートで分析することができます。

無料版では直近30日分の内容しか見ることができませんが、有料版ではいつの取引でも遡って観覧することが可能です。

帳簿の作成

上記のような取引内容を基に、確定申告書で一番節税効果が高い青色申告の65万円控除を受ける為に必要になる『仕訳帳』と『総勘定元帳』の作成・出力が可能になります。

特にこちらの2つの帳簿は複雑で、簿記の経験がないと苦戦してしまいますので、作成の手間を大幅に削減してくれるこの機能はかなり重宝できると思います。

ファイルの保存

freeeでは領収書やレシートを撮影して金額や勘定科目などを取引内容として簡単に残すことができます。

この撮影した画像ファイルをクラウドで保管して後で見返すこともできます(スタータープランは月5枚まで)。

ただ、気を付けてほしいことが、撮影した画像データだけでは5~7年の領収書保管義務を守っていることにはなりません。画像ファイルがあるからと言って実物の領収書を捨てて良いというわけではないのでお気を付けください。

経営レポートの確認

記録した取引内容などをもとに、グラフ化された経営レポートを観覧することができます。

確定申告や記帳などの直接的な実務とは関係ありませんが、月々のお金の流れを客観的に見ることで何か改善できることに気づけるかもしれません。

請求書・見積書の作成・出力

freeeでは請求書や見積書の作成・出力も可能です。

完成した請求書や見積書は、印刷したりPDFファイルでそのままメール送信することも可能。

事業に必要な書類関係を一元管理できることはとても便利ですね。

チャットやメールでのサポート

freeeはチャットやメールでのサポート体制が整えられています。

平日日中の営業時間内にチャットで質問すれば、比較的早く回答が返ってきますし、メールサポートでも1営業日程で回答が返ってきます。

freeeの使い方や確定申告・帳簿の基本的な内容であれば、回答ももらえることでしょう。

チャットメンバー招待

メンバー招待によってfreee認定アドバイザーの税理士や経理担当者、共同経営者などとfreeeの内容を共有することができます。

スタータープランは3名までで、スタンダードプラン以上になると月額300円(年間3,000円)ごとにさらに1名ずつ追加することができます。

スタンダードプランとプレミアムプランで使える機能

ここまでは料金が一番安いスタータープラン(月額980円)でも使える機能のご紹介でした。さらに料金が上がるスタンダードプラン(月額1,980円)、プレミアムプラン(年間39,800円)で使えてくる機能について解説します。

ファイル保存の上限なし

上記で領収書などの画像ファイルが保存できるとお伝えしましたが、スタンダードプラン以上になると月の枚数制限なく保存することが出来るようになります。

月々の領収書が多い方、freeeの領収書撮影機能をたくさん使う方はスタンダードプラン以上が良いでしょう。

ファイル売掛・買掛レポート

料金が一番安いスタータープランでも仕訳帳や総勘定元帳は作れるとお伝えしましたが、売掛帳買掛帳の作成は難しいです。

スタンダードプラン以上にすることで売掛・買掛レポートが作成されますので、それを基に売掛帳や買掛帳の作成が可能です。事業内容でよく売掛金・買掛金が生じる場合はスタンダードプランが良いでしょう。

日次残高推移・月次推移

スタンダードプラン以上になると、日次残高推移によって日々のお金の動きを表形式で観覧することができます。

また、月次推移では、貸借対照表と損益計算表が月ごとに作成されますので、記帳や経営分析に活かすことができます。

サポート優先

料金を上げたスタンダードプラン以上では、上記でもお伝えしたチャットとメールのサポートが優先的に行われるようになります。

確定申告前などの問い合わせが多いような時期は、スタータープラン以上のお客様への回答が優先的になります。

メンバーの追加招待

こちらも上記でお伝えしたように、追加料金で4名以上のメンバー追加招待を行えるようになります。

プレミアムプランだけで使える機能

お次に、料金が一番高いプレミアムプランでのみ使える機能についてご説明したいと思います。

経費精算

プレミアムプランでは、経費の申請・承認フローを簡単にすることができる経費精算が使えるようになります。

事業所や部署が増えてきた場合、経費を使う・使わない、許可する・しないの管理も必要になってきますので、その場合には非常に助かる機能です。

電子帳簿保存

プレミアムプランになると、電子帳簿保存機能が使えるようになります。これが使えることにより、わざわざ領収書の実物を手元に保管しておかなくても電子データで残しておいても良いようになります。

事業が大きくなってきた場合、領収書などの保管だけでもかなりの場所を取りますので、それを削減してくれる機能です。

電子帳簿保存法」の要件を満たすには、事前申請も必要になるのですが、この事前申請書の作成も簡単にできるようになっています。

電話サポート

プレミアムプランになると電話サポートも付いています。

チャットやメールも便利なのですが、やっぱり電話で聞いた方が一番手っ取り早いし分かりやすいということもあるでしょうから、プレミアムプランの方はサポートに頼れるところはしっかり頼ってfreeeをフル活用しましょう。

無料プランと有料プランの違い

また、freeeには無料体験プランもあり、スタータープランとスタンダードプランをお試しで利用することができます。

大きな違いは、取引記録が直近30日分しか見られないことと、帳簿などのファイルが出力できない、チャットサポートが登録後1週間しか利用できない点等です。

無料 有料
取引の管理 直近30日分のみ 制限なし
取引レポート出力 できない 可能
請求書等作成・管理 直近30日分のみ 制限なし
領収書などの
読み込み・保管
月5枚 スターター:月5枚
スタンダード:制限なし
プレミアム:制限なし
帳簿のCSV・PDF出力 10データ 制限なし
確定申告書等の作成 内容確認まで 出力可能
サポート チャット:登録後1週間まで
メール:返信に約3営業日
チャット:制限なし
メール:返信に約1営業日

いきなり会計ソフトに料金を支払うことに抵抗がある方や、他の会計ソフトと比較をしてみたい方はぜひ無料プランも有効活用してみてください。

【関連記事】
freeeの無料プランでできること・できないことと有料にする時の判断基準

無料でfreeeが試せる!

freeeには無料お試しのプランもあり、実際に有料プランと同じ管理画面で操作することができます。freee導入を検討している方は、実際の使い心地を試してみて他の会計ソフトとの比較をしてみましょう。freeeの使い方は簡単で本当に使いやすいです。自力で確定申告・帳簿作成をした場合と比べて大幅に時間削減ができますので、ぜひ一度お試しで使ってみてください!
無料でfreeeを試してみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ

freeeの料金を安くする方法

ここまで主に料金ごとの機能の違いなどについてお伝えしてきました。

freeeでは、プランごとに料金が決まっておりオプションなどがあるわけでもないので、思いっ切り料金を下げることは出来ませんが、支払い方法や無料サービスを使うことで多少の料金割引をすることができます。

こちらの項目ではfreeeの料金を下げる方法についてご説明していきたいと思います。

無料お試し期間内に有料化する

freeeでは、メール登録から30日間。無料体験期間となります。

これはどういう事かというと、無料期間内に有料プランを始められた方は、その期間の残り日数分の料金が割引になるものです。

金額にしてみれば数百~千円ちょっとくらいの割引ですが、すでに有料プランの利用を決めている方は、登録後すぐに有料プランを申し込んだ方がお得になるのです。

【関連記事】
freeeの登録方法|登録するメリットや無料体験版の始め方

年払いにする

freeeの支払い方法には、毎月引き落としの月払いと年に一括の年払いがありますが、年払いにした方が2ヶ月分もお得になります。

スターター スタンダード プレミアム
月払い 980円 1,980円 なし
年払い 9,800円 19,800円 39,800円

先払いになりますので、1年間しっかり使わないと損をしてしまいます。長期的に使うこと前提の方は年払いも前向きに考えてみて下さい。

freeeの料金支払い方法

freeeの料金支払い方法は、クレジットカード払いとペイパル決済が原則です。口座振込などには対応していませんのでご了承ください。

支払い設定は簡単で、「支払い申し込み」のリンク先から、クレジットカードやペイパルの情報を入力するだけです。

月払いにすると、その後は毎月自動引き落としになります。

まとめ

今回はfreeeの料金についてご説明させていただきました。

一番安いスタータープランでは、月額980円から始めて1月で解約することもできますし、無料プランもあります。

freeeが気になるようでしたらまずは一度使ってみることをおすすめします。今まで一生懸命やっていた雑務が大幅に簡略化できることでしょう。

無料でfreeeが試せる!

freeeには無料お試しのプランもあり、実際に有料プランと同じ管理画面で操作することができます。freee導入を検討している方は、実際の使い心地を試してみて他の会計ソフトとの比較をしてみましょう。freeeの使い方は簡単で本当に使いやすいです。自力で確定申告・帳簿作成をした場合と比べて大幅に時間削減ができますので、ぜひ一度お試しで使ってみてください!
無料でfreeeを試してみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ