クラウド会計ソフトとは、従来の会計ソフトのようにソフトウェアをパソコンにインストールしなくても、インターネットでアクセス→ログインすることで取引記録の入力や連携口座からのデータ取得、確定申告書の作成などができる会計ソフトのことです。

クラウド会計ソフトに関しては、ここ数年で力を入れてサービスを提供する企業が出てきており、利用者も年々増えていっています。

クラウド会計ソフトの利用率

引用:「利用されている会計ソフトのクラウド化比率推移|デジタルインファクト

少し古いデータですが、このように右肩上がりでクラウド会計ソフトの利用比率も高くなっています。

最近では、フィンテックという言葉もよく目にするようになったかと思いますが、ファイナンシャル(金融)とテクノロジーを融合させたクラウド会計ソフトは、フィンテックの1つでもあります。今後も利用者は増えていくことでしょう。

今回は、そんなクラウド会計ソフトのインストール型との違いやメリット・デメリット、具体的なおすすめクラウド会計ソフトなどをご紹介していきたいと思います。

おそらくこれから会計ソフトを使ってみようという方も多いと思いますので、参考にしていただき、気になるクラウド会計ソフトを始めてみるきっかけにしていただければ嬉しく思います。

無料でfreeeが試せる!

freeeには無料お試しのプランもあり、実際に有料プランと同じ管理画面で操作することができます。freee導入を検討している方は、実際の使い心地を試してみて他の会計ソフトとの比較をしてみましょう。freeeの使い方は簡単で本当に使いやすいです。自力で確定申告・帳簿作成をした場合と比べて大幅に時間削減ができますので、ぜひ一度お試しで使ってみてください!
無料でfreeeを試してみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ

クラウド会計ソフトとは?特徴とインストール型との違い

それでは、最初にクラウド会計ソフトの特徴やインストール型会計ソフトとの違いについてご説明したいと思います。

クラウド会計ソフトの特徴

冒頭でもご説明したように、クラウド会計ソフトとは、ソフトウェアをインストールせずにインターネット上で使える会計ソフトのことですね。

会計ソフトとは、決算業務や予算管理など、会社経営で必要な会計業務に関する内容を処理してくれるツールです。個人事業主の場合、確定申告のために必要な仕訳や帳簿作成などを簡易化してくれるものですね。

クラウドとは?

一方でクラウドとは、ソフトウェアを使わなくてもインターネット上でサービスが使えるようなものです。

よくクラウドで雲のアイコンが使われますが、インターネットさえ繋がればどこからでも雲(クラウドサービス)に繋がることができるようなイメージです。

人によっては聞きなれない言葉かもしれませんが、クラウドサービスは今や当り前のように利用されています。

TwitterやLINEなどのSNSもクラウドですし、スマホのゲームもクラウドで行われるものも多いです。Googleなんかはアカウントにログインすれば、メールからカレンダー共有など色々なことがクラウド上でできますね。

クラウドを簡単にまとめると、インターネットに繋いでログインすることで使えるサービスだと思っていただければいいと思います。

インストール型との違いや比較

さて、そのようなクラウド会計ソフトとインストール型の会計ソフトの違いを簡単にまとめると以下のようになります。

クラウド型 インストール型
料金 年間10,000円前後
月額料金もアリ
平均10,000円前後
安いものは数千円
インストール 不要 必要
更新 自動更新 必要(有料の場合も)
無料お試し あり なし
必要になるもの ネット環境 パソコン
パソコン変更時のデータ移行

それぞれの違いを項目ごとにもう少し詳しく解説していきます。

料金の違い

まず、結論から申し上げますと、クラウド会計ソフトはインストール型会計ソフトに比べると料金が高くなる傾向にあります。

クラウド会計ソフトは、ソフトを購入して利用するのではなく、毎月・毎年の利用料金を支払って使っていくので、使っている間は料金が発生します。

インストール型はソフトを購入すれば、通常数年は使えるので、最初に一気にお金がかかっても長い目で見れば安くなります。

使い勝手の良さ

一方で、クラウド会計ソフトにはソフトを購入してインストールや更新などをする手間がありませんので使い勝手が良いです。

機能としても、他のサービスや銀行口座などとの連携もしやすく、お金の動きを一律して管理して会計ソフトで記録するといったこともできます。

今後長いこと使っていったとしても、クラウド会計ソフトなら常に最新版が使えますので、さらに便利・使いやすいという体験をすることができるでしょう。

導入しやすさ

インストールなどの手間が無いという点でも導入のしやすさにはなるのですが、クラウド会計ソフトには、月払いや無料お試しなども気軽にできて、導入するまでの比較検討もかなりしやすいです。

とりあえず無料で使い勝手を試してみたり、月払いで始めてみてやっぱり違ったら解約して…など、導入への気軽さがありますね。

一方でインストール版の会計ソフトは、購入するまで基本的に試しに使えませんし、購入も最初に一括購入なので長いこと使わないと損してしまいます。

必要になるものの違い

クラウド会計ソフトはインターネットさえ繋がれば、どの端末からも操作することができます。

職場にあるPCでも自宅のPCでも作業できますし、スマートフォンで操作や記録の確認だってできてしまいます。今後もスマホでの使いやすさやできる範囲は増えていくでしょうね。

一方、インストール版の会計ソフトは、基本的にソフトをインストールした端末でしか操作ができませんし、パソコンを買い換えたような場合は、データを移行する手間も増えます。

その他デメリット

インストール型会計ソフトの問題として考えられることが、データ紛失のリスクです。

万が一会計ソフトをインストールしているパソコンが使えなくなった時に、会計ソフトのデータをバックアップしていなければ、そのままデータが消えてしまって今までの作業が水の泡…なんてことも起こり得ます。

その点、クラウド会計ソフトはログインさえできればデータはしっかり残されていますので余計な手間や心配は要りませんね。

結論:クラウド会計ソフトがおすすめ

クラウド会計ソフトとインストール型会計ソフト、どちらが良いかと言いますと、ずばりクラウド会計ソフトです。

料金面では確かに少し高くなる傾向にはありますが、それでも大きな差ではないですし、何よりも使いやすさが違います。

冒頭でもお伝えしたように、クラウド会計ソフトが2012年ごろに登場してから、年々利用している人も増えていっています。

これから初めて会計ソフトを使ってみる方も、すでにインストール型会計ソフトは使ったことがあってクラウド会計ソフトを試してみたい方も、ぜひ前向きにクラウド会計ソフトを使ってみることを検討してみてください。

クラウド会計ソフトのメリット・デメリット

上記でクラウド会計ソフトの良さは何となく伝わったかとは思いますが、こちらの項目でもう少し詳しくクラウド会計ソフトのメリット・デメリットをまとめてみたいと思います。

クラウド会計ソフトのメリット

まずはクラウド会計ソフトのメリットからです。

導入が楽ちん

お伝えしたように、インストールの手間や更新、データ移行などの手間がないので導入が楽です。

クラウドサービスはすでに世の中の至る所で普及していますので、パソコンが不慣れな方でもソフトウェアをインストールするよりも分かりやすいと思います。

お試しで始めやすい

クラウド会計ソフトには無料お試しや料金月払いの所も多くあり、とりあえずお試しで使ってみるということもしやすいです。

データ連携など操作も簡単

クラウド会計ソフトならではの機能で、他の金融機関のデータなどと連携して取引記録を自動で会計ソフトの方に反映させる機能も付いています。

これが非常に日々の作業を楽にしてくれるので、現金以外の取引も多い方はぜひクラウド会計ソフトを優先的に探していきましょう。

アップデートで常に最新のものになる

各社、会計ソフトの機能は日々アップデートされていきます。このアップデートに得に料金は必要ありませんし、自動で新しい機能が更新されます。

常に新しくて便利な機能が使っていけるので、常に一番使いやすい状態であるということが言えますね。

データ紛失のリスクが低い

インストール型会計ソフトでは、パソコンの故障などで過去のデータが紛失してしまう恐れがあります。

しかし、クラウド会計ソフトは、たとえパソコンが不調になってもインターネット上にデータが残っていますので、ログインさえできれば問題なしです。

データ紛失のリスクはクラウド会計ソフトの運営サーバが停止でもしない限りゼロといって良いでしょう。

スマホからでも利用可能

クラウド会計ソフトはログインできればどの端末からも観覧できますので、スマホからも操作・データ観覧をすることも可能です。

まだまだクラウド会計ソフトでもパソコンが無いと使えない機能が多いのですが、今後はスマホだけで簡単に作業が完結できるようになっていくかもしれませんね。

クラウド会計ソフトのデメリット

一方でクラウド会計ソフトのデメリットには以下のものがあります。

料金が毎年or毎月かかる

インストール型会計ソフトは初期購入でお金がかかりますが、クラウド会計ソフトは利用料として毎年or毎月の料金がかかります。

個人事業主向けクラウド会計ソフトの場合、月額1,000円程度、年間1万円程度で利用できますのでそこまで高額ではありませんが、料金がかかり続けることはご了承ください。

動作が重くなることがある

インターネット上で記録を操作をしていきますので、アクセスが多いタイミングやネット環境によっては動作が遅くなることもあるみたいです。

確定申告・決算前にまとめて処理しようとしても、動作が重くてなかなかはかどらないなんてことにならないように、常日頃からできる作業はマメにやっておきたいですね。

おすすめクラウド会計ソフト3選

ここまでクラウド会計ソフトの良さをお伝えしてきましたが、こちらでは実際にクラウド会計ソフトの中でも特におすすめの3つをご紹介していきたいと思います。

会計ソフト シェア数

引用:「クラウド会計ソフトの利用状況調査(2018年3月末)|MMRI

こちらの調査でもあるように、クラウド会計ソフトのシェア率90%以上を占めている3つですので、いずれかを使っていただければ間違いないと思います。

freee|初心者向け:分かりやすく使いやすい

初めて確定申告をされる方におすすめなのがクラウド会計ソフトの先駆けとも言われる『freee』です。

簿記の知識がない方には少しとっつきにくい会計周りの用語も、なるべく分かりやすく噛み砕いて説明されているので、確定申告に抵抗を感じている方には特におすすめですね。

料金は他の2つに比べるとほんの少しだけ高いですが、使いやすさでそれ以上のメリットあなたにもたらしてくれるでしょう。

無料でfreeeを試してみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ

MFクラウド|無料でできることが多い

MFクラウド ロゴ

制限内であれば無料で使える範囲が広いクラウド会計ソフトが『MFクラウド』です。

無料のフリープランには、仕訳数年間50件までという上限がありますが、上限以内であれば無料でもほとんど有料と同じ機能が使えます。

ただ、実際のところ年間50件の仕訳数は、かなり少ないのでほとんどのケースで超えてきてしまうでしょうが…。

それでも無料でのお試しには持って来いです。いきなりクラウド会計ソフトにお金をかけることに抵抗がある方は、無料プランから試してみて下さい。

無料でMFクラウドを試す
※登録完了まで1分!超簡単

やよい|青色申告1年無料。白色申告はずっと無料

やよい ロゴ

インストール型の会計ソフトでも知名度が高い『弥生』が提供しているクラウド会計ソフトが、『やよいのオンラインシリーズ』です。

ツールの使い勝手はやよいのインストール型会計ソフトに近いので、やよい会計ソフトを使ったことがある方は第一におすすめします。

また、料金面では青色申告では1年間無料。白色申告はずっと無料となっています。使いやすさよりもなるべく料金を安く抑えることを重視しているのであればやよいも第一候補に入れてみてください。

無料でやよいを試してみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ

おすすめクラウド会計ソフトの比較まとめ

上記でおすすめのクラウド会計ソフトを3つご紹介しましたが、どれを使ってみればいいのか悩んでいる方も少なくないと思います。

こちらでは、実際に使い始めてみるクラウド会計ソフトを選ぶときの判断材料として、それぞれの比較をしてみたいと思います。

料金プランの比較

freeeの料金プラン

freee プランの種類

【関連記事】
freeeの料金は?プランごとの違いと料金を安くする方法

MFクラウドの料金プラン

MFクラウド プラン

【関連記事】
MFクラウドの料金|料金による機能の違いと無料でMFクラウドを使う方法

やよいの料金プラン

申告方法 プラン 料金 使える機能
青色申告 セルフプラン 年間8,000円
(初年度無料)
基本機能
確定申告
ベーシックプラン 年間12,000円
(初年度6,000円)
基本機能
確定申告
サポート
無料体験版 無料 基本機能
期間限定
白色申告 フリープラン 無料 基本機能
確定申告
ベーシックプラン 年間8,000円
(初年度4,000円)
基本機能
確定申告
サポート

【関連記事】
やよいの青色申告オンラインの料金・機能まとめ
やよいの白色申告オンラインの料金・機能まとめ

料金プラン比較まとめ

それぞれのクラウド会計ソフトの料金プランは上の通りです。

結論を申し上げますと、一番料金が安いものがやよいのオンライン確定申告シリーズになります。

ただ、年払いしかできないので、ちょっとお試しに使ってみたいという方は、freeeやMFクラウドを短期間で使ってみたり、無料プラン・無料期間などを上手に試してみて下さい。

無料プランの比較

本腰入れてクラウド会計ソフトを導入する手前の方、お試しで使ってみたいという方は、それぞれのクラウド会計ソフトである無料プランを上手く使っていきましょう。

それぞれの無料プランを比較してみると以下のようになります。

各会計ソフトの無料でできること

まず、使える機能ですが、どこの会計ソフトも大きな違いはなく、有料プランで使える機能あ大抵使うことができます。

ただ、出力や取引記録の保存に制限がありますので、無料プランだけで確定申告を終わらせることは難しいです。

やよいの場合、青色申告は1年無料。白色申告はずっと無料なので、無料の間だけ確定申告まで終わらせることが可能です。

各会計ソフトの無料期間

無料で使える期限や制限ですが、それぞれ上記のように設けられています。

取引記録・仕訳数に制限があったり、無料期間があったりとそれぞれ違いますので、無料でいくつかのクラウド会計ソフトを実際に使いながら、使い勝手などを判断してみて下さい。

それぞれの無料プランについて詳しい内容は、以下の記事を参考にしてみてください。

【関連記事】
無料で使える会計ソフトまとめと比較
freeeの無料プランでできること・できないこと
MFクラウドの無料プランでできることと制限
やよいオンラインシリーズの無料プランでできること

使える機能・使いやすさの比較

今回ご紹介したクラウド会計ソフトでは、若干の違いはありますが、

  • 取引機能入力
  • 自動仕訳
  • 連携データによる自動入力
  • 領収書撮影での自動入力
  • 確定申告書作成
  • 帳簿への自動転記
  • 書類・帳簿の出力
  • 経営レポートの表示
  • サポート

の機能が使えると思って頂いて結構です。どこのクラウド会計ソフトも大きな違いはなく、確定申告や帳簿作成を終わらせるには充分な機能が付いています。

使い勝手に関しては、著者個人的な感想ですが、freeeとMFクラウドが使いやすいかなと感じます。特に、freeeは始めて確定申告をされる方にも分かりやすいような工夫がされています。

著者はMFクラウドを実務で使っていますが、これはMFクラウドを運営する会社の家計簿アプリ『マネーフォワード』をもともと利用していたことが大きな理由です。

関連するサービスをすでにお使い・検討中の方は、同じ会社のサービスで揃えてみることで、連携のしやすさなどより便利になると思います。

freee MFクラウド やよい
機能 メインは全て使える メインは全て使える サポートなし
使いやすさ
(著者の主観)

初心者向け
主な
関連サービス
freee人事労務
freeeカード
マネーフォワード
MFクラウド給与
MFクラウド経費
やよい会計シリーズ
Misoca

使える機能や使い勝手をまとめると上のようになります。

口コミ・評判の比較

実際にそれぞれのクラウド会計ソフトを使ってみた方の評判をTwitterなどで見てみると、ほとんどの方が良いことばかり言っていました。

みん評」という総合口コミサイトでは、

1位|やよい:3.65点
2|freee:3.58点
3|MFクラウド:3.41点

という点数になっています。

これは、他のクラウド会計ソフトを押しのけて上位を独占しているような状態です。

利用者数も使える機能も、実際の口コミも上位にあるクラウド会計ソフトですので、いずれかを使い始めてみて間違いは無いと言えるでしょう。

【関連記事】
freeeの評判は?リアルの口コミと使ってみるメリット
MFクラウドの評判は?Twitterでの評判とメリット・デメリット
やよいのクラウド確定申告の評判まとめ

まとめ

今回は、クラウド会計ソフトの特徴やメリット、おすすめクラウド会計ソフトをご紹介させていただきました。

今回の記事で言いたかったことをまとめると、

  • インストール型会計ソフトよりもクラウド会計ソフトがおすすめ!
  • クラウド会計ソフトが便利で簡単!
  • シェア率TOP3のクラウド会計ソフトを使っておけば間違いなし!

ということです。まずは無料お試しからでも結構ですので、ぜひクラウド会計ソフトを使ってみて、会計作業を簡単に終わらせてしまいましょう。

無料でfreeeが試せる!

freeeには無料お試しのプランもあり、実際に有料プランと同じ管理画面で操作することができます。freee導入を検討している方は、実際の使い心地を試してみて他の会計ソフトとの比較をしてみましょう。freeeの使い方は簡単で本当に使いやすいです。自力で確定申告・帳簿作成をした場合と比べて大幅に時間削減ができますので、ぜひ一度お試しで使ってみてください!
無料でfreeeを試してみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ