個人事業主の方が毎年やらなくてはならないもの。確定申告。

この間、商工会のお話を聞きに行った時もおすすめされたのですが、今や確定申告を終わらせるには確定申告ソフト(会計ソフト)の存在が必須と言っても過言ではありません。

とは言え、初めて確定申告ソフトを利用する方は、どこで良し悪しを決めて使えばいいのか困ってしまいますね。

そこで、今回は無料お試しで使うことができる確定申告ソフトをいくつかご紹介して、それぞれを比較しながら解説していきたいと思います。

これから確定申告ソフトを導入しようとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは無料で試してみよう!

クラウド会計ソフトには無料体験プランが用意されているものが多く、登録するだけで有料プランと同じ管理画面を使うことができます。会計ソフトの導入を比較検討している方は、実際に使ってみて使い心地を試してみることが一番手っ取り早いです。無料だけでも仕訳や帳簿作成などの大抵のことはできますし、気に入れば入力したデータはそのままで有料版にアップグレードもできます。ぜひ一度気になった会計ソフトから無料登録してお試しで使ってみましょう!
無料でfreeeを試してみる
※【初心者向け】とにかく簡単!使いやすい
無料でMFクラウドを試してみる
※【簿記知識がある人向け】無料プランが充実

無料で試せる確定申告ソフトおすすめTOP3

それでは早速、無料で試せる確定申告ソフトのおすすめを3つご紹介したいと思います。

会計ソフト シェア数

引用:「クラウド会計ソフトの利用状況調査(2018年3月末)|MMRI

クラウド型確定申告ソフトとして全体の90%以上のシェアを獲得している3社ですので、いずれかから選んで頂ければ間違いは無いと思います。

会計ソフト 無料でできること 無料でできないこと 有料料金
freee 【無料プランずっと無料】

自動仕訳/領収書撮影/帳簿作成/申告書作成/サポート

書類印刷/30日以上前の取引記録観覧/電話サポート 980円/月~
MFクラウド 【フリープランずっと無料】

自動仕訳/領収書撮影/帳簿作成/申告書作成/サポート

書類印刷/年50件以上の仕訳/電話サポート 800円/月~
やよい 【青色申告は1年間無料】

自動仕訳/領収書撮影/帳簿作成/申告書作成/書類印刷

2年目以降有料/サポート 8,000円/年~

こちらの項目では、それぞれの確定申告ソフトの簡単な概要だけお伝えさせて頂きます。詳しく知りたい方は、ところどころ貼っているリンク先か、下の項目まで目を通してみてください。

freee|分かりやすいので初心者におすすめ

特に確定申告が初めての方や簿記の知識がない方におすすめしたいのが、freeeの確定申告ソフトです。

初心者におすすめの理由が、管理画面が使いやすいことはもちろんなのですが、サイト内でも極力難しい専門用語を使われていません。

また、どこをどう入力するかの説明書きもきちんとしていて、直感的に操作することができるからです。

確定申告や帳簿のことが全く分からなくて、抵抗感がバリバリある方でもまずはfreeeを一度使ってみて下さいとおすすめしたいです。

実際に使ってみると、「こんなものか…。」と、少しは抵抗も無くなってくるかなと思います。

>>無料でfreeeを使ってみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ

【関連記事】
freeeの無料プランでできること・できないこと

MFクラウド|無料でできることが多い

MFクラウド ロゴ

無料で使える範囲が広くてお試しとして使いやすいものが、『MFクラウド確定申告』です。

無料プラン(フリープラン)の利用期限は無く、ずっと無料で確定申告書や帳簿作成の補助を付けることが可能です。

“補助”と言ったのは、無料だけでは出来上がった書類などの出力ができないので、書き写すなどして自分で作り直さなくてはなりません。

結局、作業はしなくてはなりませんが、それでも、1から自分で帳簿や申告書類を作るより楽にはなるでしょう。

>>無料でMFクラウドを試す
※登録完了まで1分!超簡単

【関連記事】
MFクラウドの無料プランでできることと制限

やよい|実績No.1!白色申告ならずっと無料

やよい ロゴ

確定申告ソフトとして知名度も利用者もTOPを誇る『弥生シリーズ』。

そのシリーズの『やよいのオンラインシリーズ』では、無料で使える確定申告用のクラウド会計ソフトがあります。

やよいの場合、青色申告と白色申告でプランが分かれており、青色申告では有料プランを1年間無料で使え、無料体験版も用意されています。

そして、白色申告ならなんとずっと無料で使えて確定申告まで終わらせてしまえます。

今後もずっと白色申告をされる予定の方は、一番に『やよいの白色申告オンライン』をおすすめします(ただ、確定申告を白色申告ですること自体あまりおすすめでは無いのですが…)。

>>無料でやよいを試してみる
※登録はアドレス入力とパスワード設定だけ

【関連記事】
やよいオンラインシリーズの無料プランでできること

番外編|フリーウェイ確定申告はずっと無料だけど…。

フリーウェイ確定申告

以上が著者がおすすめして、利用者数も多いクラウド確定申告ソフト3つです。

番外編として、こちらも無料で確定申告まで終わらせられてしまうクラウド確定申告ソフト『フリーウェイ確定申告』について簡単にご説明しておきたいと思います。

まず、結論から申し上げますと、上記3つに比べると使いにくい部分が目立ってしまいます。上の3つは利用者も多いこともあり、使いやすさが抜きんでていますが、フリーウェイ確定申告はいかにも「ツール」「会計ソフト」のイメージにあるような操作が難しい仕様になっています。

しかし、無料でずっと使えるという点では魅力的ですので、簿記の知識がある方やすでに何年も確定申告をされていてなるべくコストをかけずに確定申告ソフトを使いたい方は、一度試してみてもよいかと思います。

>>フリーウェイ確定申告を使ってみる

インストール版の確定申告ソフトはあまりおすすめできない…

確定申告ソフトと言えば、家電量販店などに売ってあるソフトをインストールするインストール版のものもありますね。

結論から申し上げますと、インストール版の確定申告ソフトはあまりおすすめしません。

理由はいくつかあるのですが、まず上でご紹介したようなクラウド会計ソフトのような無料プランがほとんど無いので、実際に購入してみるまで試しに使ってみることもできません。

毎年、最新の税制に対応した製品が発売されているものの、インストール版の確定申告ソフト自体が一昔前のもので、使い勝手もクラウド会計ソフトに比べると劣ると感じる人が多いでしょう。

以前からインストール版を使っている方は、引き続き使い続けている方もいますが、これから確定申告ソフトを導入するという方は断然クラウド型がおすすめです。

【関連記事】
クラウド会計ソフトとは?特徴とインストール版との違い

おすすめ確定申告ソフトのプランや評判を比較

ここまでご紹介した確定申告ソフトをそれぞれ比較してみたいと思います。比較する項目は、

  • プラン・料金
  • 使える機能
  • 評判・口コミ

の3つです。どの確定申告ソフトを使ってみるのか参考にしてみてください。

プランの比較

有料も含めた各確定申告ソフトのプランをまとめると以下のようになっています。

freeeの料金プラン

freee プランの種類

【関連記事】
freeeの料金は?プランごとの違いと料金を安くする方法

MFクラウドの料金プラン

MFクラウド プラン

【関連記事】
MFクラウドの料金|料金による機能の違いと無料でMFクラウドを使う方法

やよいの料金プラン

申告方法 プラン 料金 使える機能
青色申告 セルフプラン 年間8,000円
(初年度無料)
基本機能
確定申告
ベーシックプラン 年間12,000円
(初年度6,000円)
基本機能
確定申告
サポート
無料体験版 無料 基本機能
期間限定
白色申告 フリープラン 無料 基本機能
確定申告
ベーシックプラン 年間8,000円
(初年度4,000円)
基本機能
確定申告
サポート

【関連記事】
やよいの青色申告オンラインの料金・機能まとめ
やよいの白色申告オンラインの料金・機能まとめ

それぞれの料金・プランの特徴

freee MFクラウド やよい
月額 980円~ 800円~ なし
年額 9,800円~ 8,800円~ 8,000円~
無料期間 最長30日無料 30日無料 1年無料

この3社を比較してみると、有料の場合やよいが一番安いことになります。しかし、支払い方法が年払いしか用意されていないので、一度に支払う料金は高いですね。

一方で、freeeやMFクラウドは、月払いも可能ですので、月々に分割すれば料金の負担も少なく気軽に有料化もしやすいです。

使える機能の比較

機能については3社とも大きな違いはありません。どの確定申告ソフトのも、帳簿作成や確定申告で大きな力を発揮してくれることでしょう。

どれを選ぶかは、使いやすさが大きな分かれ目かと思います。

正直こちらも、どれも使いやすく実際の評判も良好ですので、失敗するということはないでしょう。

どのような人がどの確定申告ソフトが良いのかをあえて言うとしたら、

  • freee→帳簿作成も確定申告も全く初めて
  • MFクラウド→確定申告の経験はある。仕訳数が少ない
  • やよい→安さ重視。インストール版のやよい会計ソフトを使ったことがある

というような分け方ができます。

後は実際に使ってみて、ご自身で体感してみるべきでしょう。ご自身に一番近い状況に合った確定申告ソフトから試して頂ければ良いかと思います。

評判の比較

比較と言いながら申し訳ないのですが、評判についてもどの確定申告ソフトも同じように良い評判がほとんどでした。

  • 使いやすい。簡単
  • 使ってみて。おすすめ
  • 自分だけで確定申告ができた

このような声が多かったです。

それに対して、悪い口コミは全くない状態でしたので、使わない理由がないですね。

それぞれの具体的な評判・口コミについては以下の記事をご覧ください。

【関連記事】
freeeの評判は?リアルの口コミと使ってみるメリット
MFクラウドの評判は?Twitterでの評判とメリット・デメリット
やよいのクラウド確定申告の評判まとめ

大手3社の確定申告ソフトの無料でできること

ここまで無料で使える代表的なおすすめクラウド確定申告ソフトの簡単な概要や比較をご紹介しました。

まずは無料プランから試してみる方が多いでしょうが、実際にそれぞれ無料プランでどこまでどのようなことができるのか?をこちらの項目でもう少し詳しくご説明していきたいと思います。

freee|無料の期限なし。過去のデータが見られなくなる

freee プランの種類

freeeのプランは上のようになっており、この中の『スタータープラン』と『スタンダードプラン』が無料お試しで使うことができます。

【関連記事】
freeeの無料プランでできること・できないこと

無料お試しでできること

無料お試しでできることには以下のものがあります。

30日分の取引記録

メインとなる取引記録の機能を30日分使えます。無料だと30日で使えなくなるということではなく、30日以上前のデータが見れなくなってしまうということです。

自動仕訳・帳簿作成

無料プランでも有料と同じく自動仕訳や取引記録からの帳簿作成を行ってくれます。

確定申告書の下書き作成

確定申告で必要になる書類を作成するためのフォーマットは無料でも使えますので、下書きまでなら完成させられます。

簡単なサポート

無料でもメールでのサポートが付いており、主にfreeeの使い方など分からないことがあれば無料で相談ができます。

また、登録から10日以内であればチャットでのサポートも可能で、より気軽に相談することができます。

無料お試しでできないこと

一方で、freeeの無料お試しだけでは利用できないものは以下のものです。

30日以上前の取引記録観覧

上記でも触れたように、無料では過去30日以上の取引記録が観覧できなくなってしまいます。

帳簿・申告書類の出力

また、作られた帳簿や申告書類の出力ができません。ですので、無料で確定申告などを済ませようとすると、freeeで作った書類を書き写すなどの手間がかかります。

電話サポート

無料プランでは電話によるサポートは付いていませんし、チャットサポートも登録後10日以降は使えなくなります。また、メールサポートも有料プランの利用者に比べると返信が遅くなるようです。

MFクラウド|無料の期限なし。仕訳数に制限あり

MFクラウド プラン

MFクラウドのプランは上の通りです。

こちらのうち『フリープラン』は、期限なしの無料で使うことが可能です。

【関連記事】
MFクラウドの無料プランでできることと制限

フリープランでできること

MFクラウドのフリープランでできることには以下のものがあります。

年間50件までの取引記録

freeeの無料お試しでは、過去のデータが見れなくなってしまいましたが、MFクラウドのフリープランでは過去分の取引記録も残すことができます。ただ、件数に上限があって年間50件までです。

自動仕訳・帳簿作成

MFクラウドもfreeeと同様、メイン機能の自動仕訳と自動帳簿作成が無料で使えます。

確定申告書の下書き

確定申告の書類作成に関してもMFクラウドも同じです。下書きまで作れますが、出力ができません。

簡単なサポート

サポートも同じ。メールサポートが利用可能で、チャットサポートは登録後30日間利用することが可能です。

フリープランでできないこと

一方で無料のフリープランでできないことは以下のものです。基本的にはfreeeと同じだと思ってください。

年間50件以上の取引記録

こちらがfreeeとは違う制限なのですが、MFクラウドの場合、仕訳できる数に上限があります。

年間50件までの仕訳しかできないのです。

仕訳数年間50件と言うと、正直なところかなり少ないです。普通に事業をされている個人事業主の方であれば、ほとんどが余裕で超えてしまうのではないでしょうか…。

帳簿・書類の出力

freeeと同様に作成された書類の出力ができませんので、無料プランだけで確定申告や帳簿作成を完成させることはできません。

電話サポート

MFクラウドも無料で電話サポートは受けられません。

やよい|青色申告1年間無料。白色申告ならずっと無料

申告方法 プラン 料金 使える機能
青色申告 セルフプラン 年間8,000円
(初年度無料)
基本機能
確定申告
ベーシックプラン 年間12,000円
(初年度6,000円)
基本機能
確定申告
サポート
無料体験版 無料 基本機能
期間限定
白色申告 フリープラン 無料 基本機能
確定申告
ベーシックプラン 年間8,000円
(初年度4,000円)
基本機能
確定申告
サポート

やよいのクラウド確定申告は、freeeやMFクラウドと少し違って、白色申告と青色申告でプランが分かれています。

青色申告と白色申告、それぞれ無料でどこまで使えるのかを解説したいと思います。

【関連記事】
やよいオンラインシリーズの無料プランでできること

青色申告の場合

やよいの青色申告にも無料体験版が用意されていますが、こちらは利用できる期限が限られているなど、少し使い勝手が悪いです。

その分、有料プランを1年間無料で使うことができるので、そちらでじっくり使ってみることをおすすめします。

セルフプランが1年間無料

お伝えの通り、年間8,000円のセルフプランが1年目は無料で使うことができます。

この無料期間中に途中解約することも可能ですし、気に入ればそのまま有料で使い続けることもできます。選択は自由です。

「有料プランを無料で使っている」ことになりますので、使える機能は有料プランと同じように、書類や帳簿作成から出力まで制限なく利用できます。

ただ、やよいのセルフプランにはサポートが付いておらず、電話・メール・チャットでのサポートを受けることはできません。

無料体験版もあり

上記の1年間無料を利用するには、先に料金支払い方法を設定しておく必要があります。それにも抵抗があるという方は、無料体験版も用意されています。

ただ、利用期限が設けられており、登録した翌月までしか使うことができません。

使える機能は、freeeやMFクラウドの無料プランと同じように、基本的な機能は使えて書類等の出力はできないといったところです。

白色申告の場合

やよいの白色申告オンラインの場合、サポート無しのフリープランではずっと無料で確定申告書の作成から出力まですることができます。

つまり、無料で確定申告を終わらせられるということです。

無料で確定申告まで完了できる

やよいの白色申告オンラインは無料で確定申告まで完了できます。無料の期限はありません。

そもそも白色申告にメリットがない…

ただ、「安くてコストを抑えるためにやよいの白色申告オンラインにしよう!」という方は、少し見直すべきポイントがありそうです。

そもそも、白色申告は青色申告に比べると税制面で不利で納める税金もけっこう違ってきます。

一概には言えませんが、青色申告に比べると白色申告の方が、年間十数万円ほど税金が上ってしまうかと思われます。

ですので、「やすいのでやよいの白色申告オンラインにする」前に、「青色申告にして税金を抑える」方が結果的に出ていくお金は抑えられると思います。

【関連記事】
青色申告にする4つのメリット

無料プランの使える機能や制限まとめ

ここまで文章だけでそれぞれ使える機能や制限についてご説明しましたが、それだけでは分かりにくいかと思いますので、それぞれ無料でできることや制限について図でまとめました。

各会計ソフトの無料でできること

どのクラウド確定申告ソフトも、無料でも有料とほとんど同じ機能が使えます。ただ、出来上がった書類や記帳の出力ができないので無料だけで完成させることは難しいです。

やよいの青色申告オンラインは、1年間無料で使う分には有料プランと同じように使えるので出力まで可能です(サポートは付いていません)。

各会計ソフトの無料期間

freeeの無料プランは、30日を過ぎた過去のデータが見られなくなってしまいますし、MFクラウドは仕訳数に上限があるなどの制限があります。

やよいの青色申告は無料体験版もあるのですが、2ヶ月しか使えないので有料プランの1年間無料を使ってみることをおすすめします。ただ、1年過ぎると有料になります。

まとめ

今回は、無料で使えるおすすめの確定申告ソフト3つをご紹介させていただきました。

少しばかり確定申告や簿記の知識が必要になることもありますが、どれも直感的に使いやすくて、確定申告を簡単にしてくれますのでぜひ一度は試してみてください。

実際に確定申告を確定申告ソフトで完了させるためには、無料プランだけでは難しいことがありますが、たとえ有料にしても時間短縮の観点から相当コスパも良いですから、気に入って頂けたら有料プランも検討してみてください。

まずは無料で試してみよう!

クラウド会計ソフトには無料体験プランが用意されているものが多く、登録するだけで有料プランと同じ管理画面を使うことができます。会計ソフトの導入を比較検討している方は、実際に使ってみて使い心地を試してみることが一番手っ取り早いです。無料だけでも仕訳や帳簿作成などの大抵のことはできますし、気に入れば入力したデータはそのままで有料版にアップグレードもできます。ぜひ一度気になった会計ソフトから無料登録してお試しで使ってみましょう!
無料でfreeeを試してみる
※【初心者向け】とにかく簡単!使いやすい
無料でMFクラウドを試してみる
※【簿記知識がある人向け】無料プランが充実