携帯代も経費計上できる!経費にできる割合や記帳方法は?

今や携帯電話(スマホ)を持っていない人などほとんどいないでしょうが、個人事業主の方の中には、ご自身の携帯電話で仕事のやり取りをされている方も多いかと思います。

そこで気になることが携帯代は経費にできるのか?ということですね。

結論から申し上げますと、仕事兼プライベート用の携帯電話であっても携帯代の一部を経費に計上することができます。

それでは、今回は携帯代を経費計上する時の按分比率(どれほど経費にするかの割合)の求め方や帳簿の付け方についてご説明していきたいと思います。

この記事で分かること
携帯代は経費にできる(個人の携帯も)
携帯代を経費にする時の家事按分のやり方
携帯代を経費にする時の帳簿の付け方

確定申告をラクに終わらせませんか?

クラウド会計ソフトを使えば確定申告がかなりラクに早く終わります。口座と連携させて自動仕訳をしたり、スマホを使った領収書撮影、帳簿の自動作成、確定申告書作成ツールなど、確定申告を控えている個人事業主に便利な機能が盛りだくさん!無料で使えるフリープラン1ヵ月無料キャンペーンなどがあり、会計ソフトを始めて使うという方もお試しで使ってみやすいです。登録は無料で簡単ですので、ぜひ一度お試しで使ってみてください。

無料でfreeeを試す
【初心者向け】とにかく簡単!使いやすい

無料でMFクラウドを試す

【簿記知識がある人向け】無料プランが充実

携帯代も経費計上可能!

冒頭でもお伝えしたように、ご自身の携帯電話を少しでも仕事用に使っているようであれば経費計上することが可能です。

別にお仕事でほとんど電話機能を使っていなくてもかまいません。

お客さんとメールやLINEなどでやり取りをしたり、スマホを使って情報収集をしているようであれば、それは立派に仕事で使っていると言えるでしょう。

携帯代が経費として認められるポイント

携帯代を経費として認めてもらうには、実際に仕事で使っているということを説明できるようにしておきましょう。

例えば、名刺をお持ちの方であれば、名刺に経費計上する携帯電話の電話番号も記載しておくこと。また、取引先や銀行、税務署などに提出する書類の連絡先にも経費計上する携帯電話の電話番号を記載しておくことはマストですね。

携帯代全額を経費にできるのは業務専用のもののみ

このように携帯代は経費として計上できますが、プライベートでも使っている携帯電話の携帯代を全額経費にすることはできません。

あくまでも業務で使った割合だけです。

仕事兼プライベート用の携帯電話であれば、実際にどれくらいの割合を仕事で使ったのかによって計上する経費の額を求めます。

一方で仕事用に契約している携帯電話があれば、そちらは全額経費にできます。

携帯代を経費にする時の家事按分の方法

それでは、実際にどれくらいの割合を使ったかということをどのようにして求めていくのか?

こちらでは携帯代を経費にする時の按分比率についてご説明していきたいと思います。

もっと詳しく

家事按分(かじあんぶん)とは、個人事業主が事業用とプライベート用どちらにも該当する内容で支払いをした場合に支払いの一部を合理的な理由で経費として計上することです。 個人事業主の方には、自宅で作業をしていたり、携帯電話を仕事兼自分用とし[…]

家事按分 イメージ

按分比率は使用時間から求めることが多い

携帯代の家事按分のやり方ですが、実際に使用している時間から計算することが多いです。

ただ、具体的に仕事の○○さんに電話で〇分、インターネットの検索で〇分というように調べようとするととんでもなく骨が折れる作業になりますので、おおよそ月にどれくらいの割合を使っているのか?という感覚で良いでしょう。

実際にどれくらいの割合で経費にすればよいのか?目安を以下で簡単に説明します。

携帯代を経費にする割合の目安

上でお伝えしたように、実際にどのような使用ケースでどれくらいの割合になるのかをお伝えしたいと思います。

あくまでも目安ですので、参考程度にしていただければと思います。

全額経費にする場合

まず、携帯代の全額経費ですが、これは事業用の携帯電話を契約していて、その端末でもない限り難しいでしょう。

いくら「携帯は仕事でしか見ないし、連絡先も取引先ばかり」という方でも、少なくともご家族とたまに連絡を取ったり、ニュースなどを見たりと最低限プライベートの使用はするからです。

7~8割を経費にする場合

携帯代の7~8割を経費にすることは、一般的にも高い割合だと言えます。しかし、しっかりとした根拠があればこれくらいの割合でも経費にできる可能性はあります。

例えば、取引先との電話でのやり取りが多くて電話代が多くのウェイトを占めていたり、最近ではメルカリやヤフオクなどを利用して売上を上げている個人事業主の方もいますが、パソコンよりスマホ操作の方が手軽ということで出品や顧客とのやり取りをスマホで完結している方もいます。そのような場合、携帯代も高めに経費にしても説明が付くと思います。

約半分を経費にする場合

取引先との電話・メール・LINEなどでの連絡、仕事に関するインターネットでの情報収集などをそこそこスマホで行っている方は、携帯代の半分を経費にしても問題ないでしょう。

個人事業主の方で事業用兼プライベートで携帯をお使いの方は、これくらいの割合が多くなってくるかと思います。

2~3割を経費にする場合

一方で、事業関係の取引先との連絡や情報収集をほとんどやらずに済んだり、ほとんどの作業をパソコンで済ませている方は経費にする割合も低くした方が良いです。

現場作業が多い方であれば、携帯を使っての連絡も多くなるでしょうし、インターネット関係のお仕事の場合、スマホで情報収集・作業も出てくるでしょうからこちらに該当してくる方も少なくなってくるかと思います。

高額になればなるほどきちんと説明できるようにしておくべき

携帯代として経費にする金額が毎月1万円以上など、金額が大きくなってくればくるほど税務署からの指摘も受けやすくなってきますが、それだけ高額になってしまう理由をきちんと説明できるようにしておけば問題ありません。

例えば、電話連絡が多かったり、従業員の連絡用に別で契約しているなどですね。

携帯代の何割を経費にするか?それはあなたが一番分かっているはずですので、常識の範囲内で計上していくようにしましょう。

くれぐれも「家族の携帯代もこっそり経費にしちゃおう」なんてことを考えたり、実行しないでくださいね。

もしも発覚した場合、追徴課税などの罰則を受ける可能性がかなり高いでしょう。

確定申告をラクに終わらせませんか?

クラウド会計ソフトを使えば確定申告がかなりラクに早く終わります。口座と連携させて自動仕訳をしたり、スマホを使った領収書撮影、帳簿の自動作成、確定申告書作成ツールなど、確定申告を控えている個人事業主に便利な機能が盛りだくさん!無料で使えるフリープラン1ヵ月無料キャンペーンなどがあり、会計ソフトを始めて使うという方もお試しで使ってみやすいです。登録は無料で簡単ですので、ぜひ一度お試しで使ってみてください。

無料でfreeeを試す
【初心者向け】とにかく簡単!使いやすい

無料でMFクラウドを試す

【簿記知識がある人向け】無料プランが充実

携帯代を経費にする時の帳簿の付け方

では最後に、携帯代を経費計上する時の帳簿の付け方について解説していきたいと思います。

例として、毎月口座から引き落とされる月1万円の携帯代の50%を経費計上したことを想定してご説明します。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
通信費 5,000 預金 10,000
事業主貸 5,000 0

まず、右側2列の貸方の項目に「預金口座から10,000円」を支払ったことを記載します。

左2列には、経費計上する「通信費」として5,000円。プライベート用の「事業主貸」に5,000円と記載します。

以上です。

記帳が全く初めての方は、借方?貸方?事業主貸?となってしまいますが、こちらも慣れてきてルールのようなものが分かってくればそこまで難しい内容ではありません。

まずは、ご自身でも調べながら実際に記帳していってみてください!

記帳に関して詳しくは以下の記事も参考にしてください。

もっと詳しく

仕訳帳とは、すべての取引を「仕訳」を使って記録をし、仕訳けた内容を日付順に管理した帳簿のことです。 確定申告の青色申告には2通りの記帳方法があり、65万円の控除を受ける『複式簿記』では、仕訳帳の作成義務があります。 確定申告をす[…]

もっと詳しく

経費帳とは、仕入にかかった費用以外の必要経費を勘定科目ごと記録した帳簿のことで、確定申告する人に作成が義務付けられています。 仕入れ以外にも、電気代や通信費、消耗品など事業に関係ある支出がある方がほとんどでしょうが、そのことを経費帳に[…]

携帯代以外にも経費にできる家事関連費

最後に、携帯代以外にも事業用兼プライベート用として支払っているお金でも経費にできる項目があります。

それぞれ家事按分として事業用で使った割合を経費にすることがほとんどですが、気になる項目は参考にしていただければと思います。

パソコン代・インターネット料金

携帯代と同じ感覚で、お仕事に関係して購入したパソコン代やインターネット代も家事按分して経費にすることができます。

ただ、仕事でパソコンを多く使う人使わない人がいますので、携帯代よりも経費計上できる割合が高い人・低い人に分かれてくると思います。

パソコン・インターネットが無いと仕事ができず、仕事のためにわざわざパソコン購入やインターネット契約をしたような方は経費も高めに計上して良いでしょうし、仕事ではあまり使わず、動画鑑賞などプライベート使用が主な方は当然按分比率も下がります。

水道光熱費

水道代・ガス代・電気代などの水道光熱費も自宅で作業することがある方は経費にすることができます。

分かっているでしょうが、あくまでも事業関連で使った分だけです。水道代やガス代はいくら自宅作業が多くても事業とは関係ない方も多いので、その場合は経費にしない方が無難です。

電気代の経費は、使用時間や自宅の使用面積(事業用スペース)の割合から求めます

もっと詳しく

最近ではSOHOの働き方も増えてきており、自宅で作業を行う個人事業主の方も多いかと思いますが、気になるところが「毎月支払っている電気代は経費にできるのか?」ということです。 結論から申し上げますと、自宅で作業をしているのであれば電気代[…]

家賃・火災保険料

自宅で作業することがある方は家賃と火災保険料も家事按分して経費にすることができます。

自宅家賃も自宅全体の面積のうち、実際に事業で使っているスペースの割合で経費を計算していきます。

金額もそこそこ高い項目ですので、忘れず申告したいですね。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

もっと詳しく

個人事業主の方は、自宅で作業をされている方も多いことでしょう。 そこで気になることが、自宅で事業関係の仕事をしている人は家賃は経費として落とすことができるのか?ということです。 答えは『家賃は経費にできる』です。 ただ、家賃全部を[…]

車両代・ガソリン代・駐車場代

事業関係の移動手段として車や公共機関などを使った場合の交通費・ガソリン代・駐車場代も経費にできます。また、事業で車が必要な方が車を購入した場合の購入費用も経費にできます。

こちらも実際に事業関係で使った分の割合なのは言わずもがなですね。詳しくは以下の記事をご覧ください。

もっと詳しく

会社員時代は通勤や営業活動などに関わる交通費を手当として受け取っていた方も多いかと思います。 個人事業主として独立された方は、当然このような手当など支給されませんので、「収入か支出か」ということになります。 では、仕事のために客[…]

もっと詳しく

車の購入は人生の中でも大きな買い物の一つですが、個人事業主の方は、上手く経費化することで大きな税金を抑えることも可能になります。 事業で必要になったり節税対策のために購入を検討していたりと、金額も大きくなってくるだけに、ご自身で商売を[…]

まとめ

個人の携帯電話であっても、少しでもお仕事で使われているようであれば経費として計上することができます。

経費として認められる部分は業務で使った分だけになりますが、その按分比率については自己申告のようなものです。

そこまで頭を悩ませることでもないかと思いますので、まずは実際に業務で使っている携帯代は経費してきちんと計上していくことから始めていきましょう。

確定申告をラクに終わらせませんか?

クラウド会計ソフトを使えば確定申告がかなりラクに早く終わります。口座と連携させて自動仕訳をしたり、スマホを使った領収書撮影、帳簿の自動作成、確定申告書作成ツールなど、確定申告を控えている個人事業主に便利な機能が盛りだくさん!無料で使えるフリープラン1ヵ月無料キャンペーンなどがあり、会計ソフトを始めて使うという方もお試しで使ってみやすいです。登録は無料で簡単ですので、ぜひ一度お試しで使ってみてください。

無料でfreeeを試す
【初心者向け】とにかく簡単!使いやすい

無料でMFクラウドを試す

【簿記知識がある人向け】無料プランが充実

その他コレって経費にできる?

身近でよく使う経費

高額な支払いも経費にできる?

生活費に関わる支払いも経費にできる?

交際費として経費にできる

身だしなみと経費について