親戚・友人・仕事仲間、身近な人が結婚などのめでたいことがあればご祝儀を渡すことがありますね。

親戚や仲の良い友人などであれば、なんの抵抗も無くご祝儀も渡せるかと思いますが、仕事の関係上、人付き合いが多くて結婚式にもよく御呼ばれして…なんてなってくると、ご祝儀の額もばかにはなってきませんね。

実はお仕事繋がりの人間関係で呼ばれた結婚式などのご祝儀は、経費として認められるということをご存知でしたか?

「せっかくのお祝いなんだから…お金のことなんて」と、思ってしまうかもしれませんが、1度のご祝儀でもけっこう大きな額になるもの。

今回は、ご祝儀と経費の関係と経費にする場合に知っておくべきことをお伝えしていきたいと思います。

税理士相談で
税金を抑えよう!

経費計上できるものはきちんと経費にして所得を下げることで税金も減ります。すでに事業を営んでいる方は、その他工夫次第で節税できる箇所もアドバイスもらえるかもしれません。無料で相談できて、地域や相談内容から適した税理士を紹介してくれる税理士ドットコムは気軽に税理士を探すことができます。

▶▶税理士ドットコムで税理士を探す

ご祝儀も経費にできる場合がある

一見業務とは関係なさそうな結婚式などでのご祝儀。冒頭でもお伝えしたように、こちらは経費で計上することができる可能性があります。

経費にできるのはあくまでも仕事関連の人間関係で!

しかし、ご祝儀が経費として認められる対象は、あくまでも仕事関係の人物です。

親戚や友人に対するご祝儀を経費計上しても仕事とは一切関係なければ経費として認められませんのでご注意ください。

ご祝儀を渡す人によって勘定科目が変わる

仕事関係の人物といっても、大きく分けると2種類いらっしゃると思います。

1つが取引先。もう1つが従業員ですね。

ご祝儀を渡す人物の立場によっても経費の勘定科目の種類が変わりますので、覚えておきましょう。

クライアント=交際費として計上

取引先などのクライアントにご祝儀を渡す場合、接待などと同じ『交際費』として経費計上します。

従業員=福利厚生費として計上

従業員へのご祝儀は、実際に式などには参加しなくても『祝い金』として給与に含める場合もあるかと思いますが、いずれにしても『福利厚生費』として経費計上します。

式場に向かった交通費・宿泊費も経費にできる

ご祝儀以外にも、結婚式などに参加する際にかかる費用として交通費や宿泊費などが挙げられますね。

こちらも同じく経費として計上することが可能です。勘定科目は基本的に『旅費交通費』となるでしょう。

あまりにも高額なご祝儀は怪しまれる

いくら仕事に関係するのであれば経費として認められるとはいっても、あまりにも常識からかけ離れた高額なご祝儀は税務署から目を付けられる可能性も高くなってくるでしょう。

一般的なご祝儀の額は3~5万円。多くて10万円程です。

いくらお仕事でとても重要な関係性を持つ方にご祝儀を渡すといっても、何十~何百万円もするようなご祝儀を渡すようであれば、そのことをきちんと説明できる根拠が無ければなりません。

ご祝儀を経費にする時にあると良いもの

ご祝儀を渡す時に当然領収書は貰えないですし、「領収書を下さい。」なんてことを言うこともできませんよね。

領収書が無ければ、経費としても認められないのでは?と思っている方も少なくないかと思いますが、そんなことはありません。

万が一税務署から尋ねられた時にきちんと証明できるようなものが残っていれば問題ないのです。

ましてや税務署もご祝儀で領収書が貰えないことは分かっていますので、きちんと説明できれば経費として認められることでしょう。

こちらでは、ご祝儀を経費計上する際に残しておきたいものの例をお伝えしていきます。領収書と同じようにきちんと保管しておきましょう。

「いつ・どこで・誰に・いくら」渡したかのメモ書き

まずは、「いつ・どこで・誰に・いくら」ご祝儀を渡したのかを手書きでいいのでメモ書きで残しておきましょう。

何か月~何年も前に渡したご祝儀なんて正直覚えていないでしょう。

これは、自分でその時のことを思い出して税務署に説明するときに使います。

パンフレットなどの参加したことを証明するもの

いくら「いつ・どこで・誰に・いくら」渡したかが説明できたからと言っても、手書きのメモだけではいまいち信ぴょう性に欠けます。

そこで、実際に式に参加したことを証明できるパンフレットや案内状などを一緒に残しておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

お仕事関係の人の祝い事に駆け付けた時のご祝儀は経費として認められることがあります。

きちんと説明できるように、メモを残して証明できるようにしておきましょう。

税理士相談で
税金を抑えよう!

経費計上できるものはきちんと経費にして所得を下げることで税金も減ります。すでに事業を営んでいる方は、その他工夫次第で節税できる箇所もアドバイスもらえるかもしれません。無料で相談できて、地域や相談内容から適した税理士を紹介してくれる税理士ドットコムは気軽に税理士を探すことができます。

▶▶税理士ドットコムで税理士を探す

その他コレって経費にできる?

身近でよく使う経費

高額な支払いも経費にできる?

生活費に関わる支払いも経費にできる?

交際費として経費にできる

身だしなみと経費について

※最後までお読みいただきありがとうございました。この記事をが役に立ったり悩み解決に繋がったなら『いいね!』などをしていただくと嬉しく思います。いいね!が少ない記事に関しては随時調べ直して追記していきたいと思います。